CATEGORY

同種免疫異常

  • 2013年12月20日
  • 2016年10月7日

同種免疫異常不育症につながる鍼灸の講義

今月の研修会での講義は継続講義で、経絡経穴について行ないました。   前回の講義で 赤ちゃんの半分は異物。 東洋医学で「胞」という部分は、免疫反応もおこさずお腹の中にあるという事はお腹の「胞」の部分だけ免疫があまり働かないようにできている。 […]

  • 2013年7月15日
  • 2016年10月7日

免疫異常による流産と不育鍼灸

昨日の鍼灸の研修会ではお土産をたくさん持って帰りました。   そのうちの一つの話です。   免疫の異常によって、自己を異物であると勘違いして攻撃してしまう疾患に対する鍼灸の話を聞きました。   これは同種免疫異常の方(原 […]