「妊娠しやすい脈づくりの専門家による不妊治療」 そあら鍼灸院


2013 8月の記事一覧

AIHと円錐切除術

子宮頸癌の好発年齢は30~40歳代です。   進行が初期段階であり、妊娠をご希望されている方
続きはこちら >

通水検査・通気検査とHSG(卵管造影検査)との違い

卵管は卵子と精子の通り道であり、受精卵を子宮に運ぶ働きがあります。   卵管の通過性は自然妊 続きはこちら >

真夏は妊娠率が落ちますか?[Q&A]

「真夏は妊娠率が落ちるのでしょうか?」と質問されることがあります。   真夏だからといっても
続きはこちら >

鍼灸治療の効果を高める受け方のコツ

不妊治療のための鍼灸とは、その日の不調を改善することも含まれます。 例えば、「口内炎ができた」「口が苦い」「朝起きてし 続きはこちら >

松本 敏樹


私は妊娠脈づくりの専門家という仕事をしています。
「妊娠しやすい身体づくり」を刺さない鍼で実現します。
妊娠しやすい身体づくりにとって一番大切なことは、妊娠している時と同じ脈であることなのです。
一人で抱えている悩みを安心して打ち明けることができ、病院での治療における疑問点が解決できます。

Facebookページ

Twitter

アーカイブ

メタ情報

Facebookで最新情報を購読

ブログ内検索

カテゴリー


このページのTOPへ