MONTH

0年0月

  • 2013年12月20日
  • 2016年10月7日

同種免疫異常不育症につながる鍼灸の講義

今月の研修会での講義は継続講義で、経絡経穴について行ないました。   前回の講義で 赤ちゃんの半分は異物。 東洋医学で「胞」という部分は、免疫反応もおこさずお腹の中にあるという事はお腹の「胞」の部分だけ免疫があまり働かないようにできている。 […]

  • 2013年12月13日
  • 2016年10月7日

トリソミー(染色体の話)

人間の染色体は、22対の常染色体と1対の性染色体から出来ています。 性染色体がXXであれば女性、XYであれば男性となります。 また、通常一対二本である染色体が半分しかない場合モノソミー、逆に三本ある場合をトリソミー、四本の場合をテトラソミーと言います […]