「妊娠しやすい脈づくりの専門家による不妊治療」 そあら鍼灸院


妊娠~流産…妊活から得られるもの



そあら鍼灸院の楠本です。

 

患者さんの妊娠のためのお手伝いに尽力を注ぐ日々です。

 

そして私自身も妊娠を希望し、流産の経験もあります。

 

 

 

妊活・不妊はマイナスイメージが強い現実があります。

 

 

しかし、妊活中だからこそ得られるものもあるのです。

 

 

私が妊活中に得たものなどをお伝えできたらと思います。

 

 

 

なかなか妊娠せず悩んでいると

 

「どうして自分ばかり悩まなくてはいけないのだろう?」

「友達は苦労せず授かっているのに自分はどれだけ不妊治療にお金と時間を使っているのだろう。」

 

 

このようなマイナス感情がついて回ります。

 

妊活はよく出口のないトンネルに例えられます。

 

 

努力した分ストレートに結果が伴うとは言い難く、悩む期間も長いため「トンネル」と言われるのでしょう。

 

 

 

「妊娠を期待しつつ生理がくる」

 

この繰り返しを経て、自分の生活・主人との関係などを振り返りました。

 

 

まず振り返った事は自分の食生活・体調について。

 

自分自身は元気で健康だと思っていました。

 

週1,2回ジョギングをし、ハーフマラソンに出たこともあります。

 

 

食生活は乱れている自覚はありましたが、走れる体力があるため妊娠には支障がないと思っていました。

 

 

しかし、なかなか妊娠せず焦りを感じた時、まずは2点改めた事があります。

 

 

・常温のお茶から温かいお茶に帰る

・肉を減らして魚を増やす。野菜、キノコ、海藻類を増やす。

 

 

 

私は暑がりで、患者様からも「先生は手が温かいですね。」とよく言われます。

普段から飲み物は常温だったので、冷えはないと感じました。

しかし、お世話になっている鍼灸の先生から自覚のなかったお腹の冷えを指摘され、常温から更に温かい飲み物に変更しました。

 

 

 

こちらに関しては本当にお恥ずかしい話ですが、私の食生活はボロボロ。

生粋の肉好きなので、お肉の総菜を買って適当に食べるという生活でした。

理想の食生活とまではいきませんが、自炊の頻度、魚・野菜等を増やすように心がけました。

 

 

これらを意識してからは

 

1番実感したことは疲れにくくなりました。

また、自分で脈を見た時、脈の太さ・充実さが以前と全く違いました。

 

自分では実感は無かったのですが、普段からかなり負担のかかる生活をしていたのでしょう。

 

これはすぐ妊娠していれば決して気付けなかったこと。

 

 

主人とも、妊娠についてしっかり話し合い、向き合いました。

 

 

私は今でも妬みなど黒い気持ちでいっぱいになることは多いです。

 

 

毎月体温・周りの妊娠報告などに振り回される日々ですが、

 

 

妊活によって得た事を大切にしつつ自分の体を労わる生活をしようと心がけています。

 

 

【妊娠脈づくりの専門家による不妊鍼灸ブログ】
数千名を超える臨床実績から導き出した不妊治療や不育症についての考察と経験のブログ
——————————————————————————————————————

【脈診流そあら鍼灸院HP】
「妊娠しやすい身体づくりにとって一番大切なことは、妊娠している時に近い脈であること」

 

【ご出産報告・患者さまの声・アンケートブログ】
~あなたと同じような状況の方がいらっしゃるかもしれません~

 

【そあらブログ】
不妊鍼灸や不育症については不妊不育鍼灸ブログに譲っていますので、こちらはスタッフが不妊鍼灸治療以外の様々なことを書いたブログです。
ネタ(笑)が多い?

 

【Faceboookページ】

——————————————————————————————————————



松本 敏樹


私は妊娠脈づくりの専門家という仕事をしています。
「妊娠しやすい身体づくり」を刺さない鍼で実現します。
妊娠しやすい身体づくりにとって一番大切なことは、妊娠している時と同じ脈であることなのです。
一人で抱えている悩みを安心して打ち明けることができ、病院での治療における疑問点が解決できます。

Facebookページ

Twitter

アーカイブ

メタ情報

Facebookで最新情報を購読

ブログ内検索

カテゴリー


このページのTOPへ