「妊娠しやすい脈づくりの専門家による不妊治療」 そあら鍼灸院


hcg注射で妊娠しやすくなる?妊娠しにくくなる?



hcgというホルモンをご存知でしょうか?着床後、胎盤から発生するホルモンです。

ひらたく言えば妊娠すると分泌されるホルモン。妊娠検査薬はhcgが尿中に表れるか調べます。

 

そんなhcgは不妊治療の現場でホルモン注射として投与される事があります。病院でhcg注射を受けたという方もいらっしゃるでしょう。

 

 

さて、このhcg注射。病院によって見解が分かれます。hcg注射は不妊治療に不可欠!という意見もあればhcg注射により、むしろ妊娠しづらくなるという意見もあります。

 

例えば加藤レディスクリニック(KLC)はhcg注射を使わない病院です。

 

前院長 加藤修先生の「不妊治療はつらくない」「もっと自然に!不妊治療 KLCメソッドでママになる本」では以下のように述べられています。

 

「このhcgは、体に残留する期間が長いため、体が『妊娠した』と勘違いしてしまうおそれがあります。そうなると、受精卵が着床しづらくなるのではないかと考え、KLCメソッドではhCGを使用しません。」

「hCGを投与すると、なくなるはずの小さな卵胞が、消えずに生き残ってしまうのです。」

(「もっと自然に!不妊治療 KLCメソッドでママになる本」 66~67ページより)

 

「hCGによる排卵誘発を毎周期行うと、ホルモン産生嚢腫の出現率がとても高くなります。これは良好な卵子を排卵しないだけでなく、黄体機能も十分でないため、高温期を維持することができません。その短い高温期がまた新たなホルモン産生嚢腫発生の原因になるというように、悪循環をもたらします。」

(『不妊治療はつらくない』109ページより)

 

 

 

そのためか加藤レディスクリニック(KLC)さんを母体とする永遠幸グループ内の病院では(新橋夢クリニック・Shinjuku ART Clinic ・Natural ART Clinic日本橋など) hcg注射を治療に使用したという話は聞きません。

 

ある病院では妊娠のためにと使用し、ある病院ではむしろ妊娠しにくくなると懸念するhcg注射。

 

では実際のところどうなのでしょうか?

 

 

hcg注射の使い方としては

1黄体ホルモン(P4)の補充としてhcgを投与する。

 hcgは黄体ホルモンを刺激します。黄体ホルモン(P4)の補充には飲み薬、注射などの方法がありますが、その内の1つがhcg注射です。

 

2排卵の引き金となるLHサージを起こさせるために、採卵前・人工授精前後に投与する。

 黄体ホルモンの刺激だけでなく、hcg注射には排卵を引き起こす作用を持ちます。hcg注射の24~36時間後に排卵するため、明確に排卵のタイミングが知り必要がある採卵前、確実に排卵を促すために人工授精やタイミング指導の前後で使われます。

 

 

このように妊娠の過程にある排卵や黄体ホルモンの分泌を手助けするhcgですが、何故使用に反対の声が挙がるのでしょうか?

 

 

元々hcg注射には以下の副作用が懸念されています。

 

1. OHSS(卵巣過剰刺激症候群)のリスクが上がる。

2. 古い卵胞が残りやすくなり、新しい卵胞の成長を阻害する

 

これらが起きないようにhcg注射を使用する病院は適宜体の状態を見極めた上で使用しています。しかし、hcg注射を使わない病院の見解ではhcg注射の副作用が逆に妊娠しにくさを引き起こすのでは懸念しています。

 

 

当院に通われていた患者様でhcg注射を受けた事で高温期が安定し、妊娠・出産された方もいます。そうかと思えばhcg注射を使用後、微量にhcgが体内に残っていた為何周期かお休みされた方もいらっしゃいます。

 

作用が強い薬であるため、副作用も強い事が考えられます。使用したら即座に妊娠しにくくなるというわけでは勿論ありませんが、定期的に使用し病院でも古い卵胞があるという話があった場合は注射をお休みできるか相談してもいいかもしれません。

 

 

~~hcg注射だけの問題ではない?~~

 

不妊治療の難しい点は「これが絶対正解!」といえるものがない事です。

ホルモン値や検査結果から多少治療方法の合う・合わない推測はできますが「やってみないと分からない」が多い世界。

 

しかし、東洋医学の視点から考えた時「これは絶対必要!」というものがあります。

 

母体の生命力です。

 

体に生命力がある状態だと、不自然なものを排除し体をナチュラルな状態へ自力で戻る事ができます。

hcgの注射を打ち、古い卵胞が残りやすくなったとしても自身の力が高いと古い卵胞は消失して新しい卵胞が育つように自力で働くでしょう。力が無いと薬の副作用に一方的にやられてしまいます。

 

体自身に生命力があるかの判断を当院では脈やお腹からみます。

脈やお腹は薬に左右されない体のすっぴんの状態を知る事ができます。つまり妊娠できる力があるかどうかを脈やお腹から判断します。

 

自分自身に合う治療を受け、その治療効果が出やすくするための体作り。当院で行う鍼灸治療はこのような考えに基づいています。

 

【妊娠脈づくりの専門家による不妊鍼灸ブログ】
数千名を超える臨床実績から導き出した不妊治療や不育症についての考察と経験のブログ
——————————————————————————————————————

【脈診流そあら鍼灸院HP】
「妊娠しやすい身体づくりにとって一番大切なことは、妊娠している時に近い脈であること」

 

【ご出産報告・患者さまの声・アンケートブログ】
~あなたと同じような状況の方がいらっしゃるかもしれません~

 

【そあらブログ】
不妊鍼灸や不育症については不妊不育鍼灸ブログに譲っていますので、こちらはスタッフが不妊鍼灸治療以外の様々なことを書いたブログです。
ネタ(笑)が多い?

 

【Faceboookページ】

——————————————————————————————————————

 

 



松本 敏樹


私は妊娠脈づくりの専門家という仕事をしています。
「妊娠しやすい身体づくり」を刺さない鍼で実現します。
妊娠しやすい身体づくりにとって一番大切なことは、妊娠している時と同じ脈であることなのです。
一人で抱えている悩みを安心して打ち明けることができ、病院での治療における疑問点が解決できます。

Facebookページ

Twitter

アーカイブ

メタ情報

Facebookで最新情報を購読

ブログ内検索

カテゴリー


このページのTOPへ