「妊娠しやすい脈づくりの専門家による不妊治療」 そあら鍼灸院


着床後や妊娠初期に鍼灸をお勧めするしている理由


Pocket

正しく治療を行えば安全だと考えます。

 

最近は妊娠初期の初診の方が増えてきました。 初診のご予約日までの3ヶ月間にご妊娠されて、そのままいらっしゃるパターンが増えたからです。
妊娠初期の一番不安定な時期に、初診にもかかわらず来ていただけることは大変嬉しいことです。

 

当院にいらした患者様に理由を聞いてみると、

・前回流産したから今回は身体づくりのために鍼をすることにした

・今後つわりや妊娠初期の諸症状が心配

・実際に現在つわりがある

・姉妹が不育症だった

・あまり刺さない鍼だから妊娠中でもいいと思った

等でした。

 

傾向をみてみると過去に鍼を受けた経験がある方が多いようです。

もともと鍼灸に対する敷居は低かったのでしょうね。
今まで鍼をした経験がなく、かつ現在妊娠初期である場合では不安に思うかもしれません。 妊娠初期の鍼灸は止めた方がいいという話を耳にすることがあります。しかし、何故ダメなのかという根拠を聞いたことはありません。
もちろん妊娠初期にするとリスクの高いツボ中にはあります。

 

余談ですが中国では堕胎のために鍼をしたがほぼ失敗に終わったという報告もあります。とはいえ不適切な治療は、生命力を落とすような治療ですから危険だと思います。

 

例えば初期の流産で一番多い原因は受精卵の染色体異常によるものです。 この場合は着床して、しばらくお腹の中で育つことができたとしても、最終的にはほぼ流れてしまいます

 

逆にいえば、染色体の異常が原因の場合、鍼灸で流産の防止をすることはできません。 (流産や不育と鍼灸についてはまた項を改めます)。

 

分からないこと・未知なことは不安だし恐いことです。

 

正しい知識を持って、適切な治療を行う。自分の持っている生命力を上げる治療(言い換えれば、自分自身の身体を本来持っている健康な状態に近づける治療)をするならば、薬も使わず妊娠初期の諸症状やつわりに対処できる鍼灸は安全で重宝されるものだと思います。

 

しかしながら病院で主治医に安静を勧められている場合や、不安がある場合などに無理に鍼を勧めることはありません。

 

何より信頼関係が大切だと思うからです。

 

 

その上で行う鍼灸であれば、妊娠初期でも安全で有益であるため推奨しております。

 

当院の場合12週辺りで一応の卒業の目安とはなりますが、その後の鍼灸も推奨しております。

腰痛やお腹の張り感、また精神的な安心感や元々持っている持病のために継続して通院される方が多いためです。

 

また、実際にもぐさをお渡しし、安産灸の仕方もお伝えしております。

 

 

卒業後の鍼灸の詳細は卒業時に、当院での卒業後の鍼灸治療のことや出産後の鍼灸について書いたものをお渡ししております。

 

妊娠中の鍼灸は活躍の場が多いと感じています。逆子治療は鍼灸が効果が高いという事は私達鍼灸師の中では常識ですが、まだまだ世間的な認知度は高くないのかもしれません。

 

時間のかかることなのかもしれませんが、鍼灸師として妊娠中の鍼灸に対する見識が広まってくれると大変嬉しいなと思います。

 

そあら鍼灸院



松本 敏樹


私は妊娠脈づくりの専門家という仕事をしています。
「妊娠しやすい身体づくり」を刺さない鍼で実現します。
妊娠しやすい身体づくりにとって一番大切なことは、妊娠している時と同じ脈であることなのです。
一人で抱えている悩みを安心して打ち明けることができ、病院での治療における疑問点が解決できます。

Facebookページ

Twitter

アーカイブ

メタ情報

Facebookで最新情報を購読

ブログ内検索

カテゴリー


このページのTOPへ