真夏は妊娠率が下がる?

夏は妊娠しにくい?「真夏は妊娠率が下がりますか?」

「真夏や真冬は妊娠率が下がりますか?」

と聞かれることがあります。

脈とお身体がしっかり整っていれば、真夏でも大丈夫ですよ」

とお答えしています。

これは外的な環境の変化によって悪い影響を受けてしまうのかどうかです。

外的な影響は季節の気候の変化によるものです。

現代ではエアコンなど人工的な環境変化でも影響を受けることもあります。

(夏に冷房で冷える等・・)

よく治療中に「季節によって体に受ける影響も違いますよ」と、

お話をすることがあります。

実は夏と冬では脈も身体も違います。

例えば、夏であれば私たちの体は、毛穴は開き発散しやすい状態に変わり、熱射病などの熱がこもって出てしまうことを防いでいます。

季節に対応できる身体であれば、しっかり発散できる身体ですが、暑いのに汗がかけないというのは、季節に対応できていない身体ということになります。

季節によって体が変わるのです。

季節によって脈や身体が違うので、妊娠しやすい体づくりには、

季節のことを考えたほうがより効果的です。

自然界には「風」「暑」「火」「湿」「燥」「寒」という気が存在しています。

四季の変化はこのような自然界の気の内、どの気が旺盛になるかで変わってくるのです。

夏だと「暑」が一番元気になり、

冬だと「寒」が旺盛になるといった具合です。

そして私達は、それぞれの季節の影響を必ず受けています

季節の暑い・寒いなどが、良くも悪くも体に何かしらの影響を与えているのです。

寒がりで冷えやすい人にとっては夏の「暑」はありがたいものになり、

かえって冬の「寒」は自分をイジメるものとなります。

東洋医学には「身体の内側がしっかりしていれば、外からの影響で病気にならない」という大事な考えがあります。

自分の体の「抵抗力」が強くしっかりした状態であれば、

冬の「寒」という気が降り注いでも、冷えによる病気は起こりません。

夏であってもクーラーの冷えにやられにくいのです。

事実、厚生労働省発表の季節による出生率の差はほとんどありません。

妊娠しやすい身体は、身体は季節に順応していて、脈も季節の脈に順応しているものです。

みなさんも季節の気候に対応できるケアをしていきましょう。

そあら鍼灸院

Tweet

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Pocket