患者様から「今は薬を飲んでいるので体温は高いです。」

とお話される事が多くあります。

 

 

今回は薬と体温についてのお話です。

 

 

高温期に出る黄体ホルモン(プロゲステロン、P4)は子宮内膜を受精卵が着床しやすい状態にします。

 

また基礎体温の上昇させる働きがあるので、高温期の維持=黄体ホルモンがしっかり出ている、と判断する事ができます。

 

 

患者様の中には黄体ホルモン剤を処方される方は多いと思いますが、体温にどう影響があるのでしょうか?

 

 

よく処方される黄体ホルモン剤として

 

・デュファストン

・ルトラール

・プロゲデポー(注射)

 

が挙げられます。

 

「今日の治療薬」2013年版(第35版) 南江堂

によりますと

 

デュファストン

基礎体温上昇作用はないので投与中に上昇すれば排卵と推定可」

 

ルトラール・プロゲデポー

「増殖相の子宮内膜を分泌相に変化、基礎体温上昇作用

 

このように同じ作用の黄体ホルモン剤でもデュファストンには体温を上げる作用はなく、ルトラール・プロゲデポーには体温を上げる作用があります。

 

是非参考にしてみてください。

 

 

 

ここからは当院での不妊鍼灸での考え方です。

 

高温期がどういう状態であるかは重要なことです。

 

私は鍼治療では、高温期の状態を整えるためには低温期の治療を重視します。

 

良い卵胞を育てたいからです。

 

さらに良い卵胞、卵子を得るためには、連続して安定した月経周期があることが肝要だと考えますので、前の周期、その前々周期から、先を見据えることが重要です。

 

そあら鍼灸院

LINEで送る
Pocket

黄体ホルモン剤の最新記事8件