真夏は妊娠率が落ちますか?[Q&A]

「真夏は妊娠率が落ちるのでしょうか?」と質問されることがあります。

 

真夏だからといっても妊娠率が落ちることはありません。

基本的には季節による差はありません。

 

厚生労働省の月別に見た出生率を調べてみても、その差はほとんどありません。

 

 

実際に周りの方の誕生日に偏りはないのではないでしょうか?

 

 

「基本的には」と書いたのは、患者様によっては季節などの外的要因や食べ物などによって悪い影響を受けてしまう方がおります。

 

例えば夏の暑さや湿気による熱病症、また冷房や冷たいもの取りすぎによる冷え病症、冬の寒さによる冷え病症等が考えられます。

 

身体に悪影響を受けて、妊娠しやすい身体からかけ離れてしまう方の場合は、暑い季節やその時の過ごし方、真冬の寒い時期にうまくいきにくいことがあるかもしれません。

 

 

 

 

一番大事なことは「身体が妊娠の準備が出来ているか」ということです。 それを妊娠しやすい脈になっているかと脈診をして把握してゆきます。

春夏秋冬の季節の変化は、人に恵みを与えるものですが、私達の身体の充実度合いが低い状態であれば同時に健康を損なう原因にもなります。

同じ気候条件や生ものを食べても、体調を崩さない人もいれば、崩す人もいます。

 

本来は様々な変化に身体が対応しています。

体の内側がしっかりしていれば、そう簡単には暑さや寒さ、冷房や冷飲食などによる影響は受けませんが、十分な対応力が発揮できないと発病してしまいます(体調を崩してしまいます)。
 

真夏の気候、職場や就寝時の冷房によって冷やされる環境下、飲食の不摂生があっても、これらの悪影響がでない身体ができていれば、移植しても差し支えませんし、真夏でも妊娠しにくいという事はありません。

 

 

そあら鍼灸院

LINEで送る
Pocket

最新情報をチェックしよう!

真夏の妊娠率の最新記事8件