冬は妊娠しにくいですか?[Q&A]

「冬は妊娠しにくいでしょうか?」と質問されることがあります。

 

冬に移植を考えている方は冬の寒い時期に移植をして着床しでらくなってしまうのではないかと

心配になってしまいますよね。 

 

冬だからといっても妊娠率が落ちることはありません。

 

 

 

基本的に季節による差はありません。

 

厚生労働省の月別に見た出生率を調べてみても、その差はほとんどありません。

 

 

実際に周りの方の誕生日に偏りはないのではないでしょうか?

 

身体づくりがしっかりできていれば真冬でも移植してまったく問題ないと考えます。

 

 

 

 

 冬だからといって着床しにくくなることはありませんが、

 

ただ一つ!!

 

寒さによって身体がとても冷えてしまっている場合だけはよくありません。

 

 

 

「基本的には」と書いたのは、患者様によっては季節などの外的要因や食べ物などによって悪い影響を受けてしまう場合があるからです。寒さによって身体が冷えてしまっても(一時的な冷えは誰にでもあります)、良い状態であればまた段々温まってきます。

しかし、一度冷えてしまい、そこから全然温まってこないということはないでしょうか?

その場合はまだ身体づくりができていないのでよくありません。

身体が冷えていると循環も悪くなっていて、子宮も冷たい状態です。

しばらくして温まってくれば問題ないものの、温まる力が足りない場合は冷えっぱなしの状態になってしまうからです。

 

 

大事なことは「身体が妊娠の準備が出来ているか」ということ。

春夏秋冬の季節の変化は、人に恵みを与えるものですが、私達の身体の充実度合いが低い状態であれば同時に健康を損なう原因にもなります。

同じ気候条件や生ものを食べても、体調を崩さない人もいれば、崩す人もいます。

 

本来は様々な変化に身体が対応しています。

体の内側がしっかりしていれば、簡単には寒さ、冷房や冷飲食などによる影響は受けません。

しかし身体に十分な対応力が発揮できないと本来の力を発揮できません。
真冬であっても身体ができていれば、移植しても差し支えませんし、妊娠しにくいという事はありません。

 

そのために寒さに負けない準備をしましょう。

 

そあら鍼灸院

LINEで送る
Pocket