排卵とBBT(基礎体温)

妊娠を希望している皆様は基礎体温(BBT)を毎日測っている方もが多いと思います。

 

 

病院によっては基礎体温を重視しないところもあれば、採卵の前周期の基礎体温をみて採卵周期に入るかどうか決めている病院もあります。

 

 

当院では基礎体温がしっかり整っている事により、良い卵子を得られると考えていますので、基礎体温は非常に重要です。

 

 

では正しい基礎体温について確認です。

 

 

正しい基礎体温は

 

①  低温期と高温期の差が0.3度以上あること

②  低温期から高温期の移行期間が3日以内であること

③  高温期が10日以上あること

④  高温期の間に体温の陥落がないこと

が挙げられます。

 

 

ここで誤解されやすい点ですが、

「排卵日で体温が一度下がる」は正しい基礎体温の条件には入っておりません。

 

 

患者様から「体温が下がっていません」と聞かれる事はありますが、基本的には低温期と高温期が分かれて二相性になっていれば排卵していると考えていいでしょう。

 

 

何故「基本的には」という言葉を使ったかと言うと、必ずしも

 

 

二相性=排卵している

 

と言い切れないことがあるためです。

 

 

例えば、LUF(黄体化未破裂卵胞)という排卵が起こらないまま卵胞の黄体化が進むケースがあります。LUFは内診によって分かります。

 

 

では基礎体温のみで排卵日を特定はできるのでしょうか?

 

結論から言うと基礎体温だけで排卵日の特定は難しくアテになりません。

 

過去の体温の推移から、この近辺で排卵したのではないかと予測をつける事はできますが、「この日」と特定は難しいです。

 

何故なら、排卵日は

①  最も体温が下がった日

②  低温期最終日

③  高温期初日

 

のどれかと言われている為、基礎体温だけではハッキリと特定はできません。

 

 

排卵日を細かく特定したい場合は基礎体温だけでなく、排卵チェッカーやおりものの変化などを合わせて併用するといいでしょう。

しかしこれだけでも確実とはいえません。

 

 

病院で、超音波検査をしてもらい卵胞チェックをして、更に血液検査まですれば精度がより高まるでしょう。

 

※排卵の直前に、LHサージといってLHというホルモンが高くなります。LHが一定以上上がることで排卵が近いことを知ることができます。

排卵前に行う尿検査では、この尿中のLHが高くなっている事を検出することで、排卵が近いことを推測します。

 

一方、血液検査では、ホルモン値がどのくらい出ているのか数値が出ます。

LHを測定することで、すでにLHサージがかかっているかを調べます。

また卵胞が大きくなるにつれて数値が上がるE2(エストラジオール)がどれくらい出ているかで、卵胞の成長を調べます。

 

エコーをして血液検査(施設によっては血液検査は委託しており当日分からないこともあります。排卵直前の血液検査は当日に結果が出る必要があります)もすれば精度が高いわけですが、そこまでするべきかどうかはケースバイケースです。

例えばタイミング療法のみの場合では、

・エコーでの卵胞チェックのみ

・エコー+尿検査

など施設によって、または同じ施設でも治療状況によって様々です。

 

 

 

基礎体温は起床時間などによっても変わる曖昧なものです。

しかし基礎体温がしっかり整っているという事は月経の状態が整っている目安になります。月経が整っている事はいい卵を育てる上で重要なポイントとなります。

 

 

月経の異常は、

・血(けつ)が不足して冷え病症を現わすもの、

・血が熱をもつもの

・血の停滞するもの

など血に絡むものが多くあり、月経異常では血の病症の患者様が多く来院されます。

 

 

それらを把握するために、そあら鍼灸院では脈・お腹などお体全体をみて、冷えを改善するべきか、血の熱をとるべきか、停滞を流すべきかを判断し、脈を見ながら確認して治療をすすめております。

LINEで送る
Pocket

基礎体温の最新記事8件