腰痛などで湿布をお使いの妊婦さんへ

「腰痛の妊婦さんに注意が必要な湿布薬」

 

お腹が大きくなるにつれて、腰痛に悩まされる妊婦さんは多くいらっしゃいます。

 

腰痛には湿布を…と考えるでしょうが、1点注意が必要です。

 

 

厚生労働省から

「妊娠後期の妊婦さんがケトプロフェンを含む外皮用剤(湿布など皮膚につける薬)の使用で羊水過少症や胎児動脈管収縮などの副作用が表れる」という報告がされました。

 

 

ケトプロフェンが含まれる外皮用剤というと「モーラステープ」という湿布薬が挙げられます。整形外科などでよく処方される湿布薬です。

 

湿布薬なら使っても大丈夫だろうと考えがちですが、注意が必要です。

 

 

鍼灸治療の中で腰痛は最もメジャーな症例です。

 

当院では安産治療に合わせて腰痛治療も行っておりますので、合わせてご相談ください。

 

http://www1.mhlw.go.jp/kinkyu/iyaku_j/iyaku_j/anzenseijyouhou/312.pdf#search=’%E5%8E%9A%E7%94%9F%E5%8A%B4%E5%83%8D%E7%9C%81+%E3%82%B1%E3%83%88%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%B3

 

 

そあら鍼灸院 妊娠中の治療の手順(週数に応じた治療の手順と注意事項について書いてあるページ)

LINEで送る
Pocket

妊娠中に気をつけたいことの最新記事8件