子宮収縮と着床 そして胚盤胞移植直前の鍼灸 

最近参加した学会や研修の中で、今回は当院の鍼灸治療でアプローチの可能性を感じた、

「子宮蠕動運動と着床」について、少しだけ所感を述べたいと思います。

 

蠕動は「ぜんどう」と読みます。

この子宮の蠕動運動とは内膜のさざ波様のリズミカルな動きのことです。

 

 

  • 月経周期中の子宮内膜の蠕動運動の変化について

 

月経期は、蠕動運動は徐々に増加し、その方向性は子宮底部→子宮頚部(膣の方)に向かう。

排卵期に、蠕動運動は最大となり、方向性は子宮頚部→子宮底部へ変化する。

高温期は、蠕動運動はなくなる。

 

このことから、月経期は月経血の排出が必要なため蠕動運動は子宮頸部の方へ、

排卵期は入ってきた精子の輸送をサポートする反対に子宮底部へと蠕動運動の方向が変化するのではないかと推測されます。

 

 

  • 移植した胚は子宮の蠕動運動によってどこへ移動するのか?

その場に留まっていた→85%

子宮角部に移動した→10%

頚部に流出した→5%

(子宮腔外へ排出した例は、蠕動運動が有意に高い。)

 

また、胚移植前の1分間の子宮蠕動運動の回数は平均で1.1~3回。

2回未満の場合は妊娠率が高く、

3回以上の場合は顕著に妊娠率が低下、

妊娠していないグループは、妊娠しているグループに比べて、蠕動運動の頻度が有意に高い。

(新鮮胚移植、自然周期凍結胚移植、ホルモン補充凍結胚移植どの移植の場合も同じ)

 

この話を聞いたとき、当院では着床の鍼灸治療で使っていたツボは、不要な収縮運動を抑制しているのではと思えました。

 

 

  • 筋層内筋腫があり妊娠を希望している方と、その人の蠕動運動について

筋層内筋腫があり、妊娠を希望している方を対象に、

蠕動運動の頻度が低いグループと高いグループに分けて妊娠率を比較検討した結果、

蠕動運動が低頻度の場合34%妊娠するのに対し、高頻度で蠕動運動をする場合、妊娠率は0%であり、子宮蠕動の関係性が考えられる。

 

 

つまり筋層内筋腫がある方で、排卵後に異常な子宮収縮を引き起こしてしまう人は妊娠しにくいが、逆に筋層内筋腫があっても子宮収縮を起こさない人の妊娠率は顕著な低下は見られないということであろう。

 

 

 

 

 

 

最後に、着床に関しての考察です。

 

着床に関して、

着床は胚のハッチング(孵化)から杯が子宮内膜に潜り込むまでの過程で成り立っています。胚盤胞のハッチングと内膜とのやり取り→子宮腔で胚の接着部位の位置取り→内膜への接着→浸潤という流れとなります。

 

この接着までが主に子宮が関わる部分になり、潜り込んでからは胚自体の生命力に左右されるだろうと思います。

 

 

 

当院で着床の鍼灸を考えた場合、胚盤胞移植の場合は直前の治療を積極的に行っています。HPに載せている鍼灸治療3STEP(フカフカベッドの話)の最後にシーツを整えるくだりがあります。

当院での着床前の治療は、上記に書かれているこの位置取りと接着の部分に対して作用しているものと考えられそうです。

 

 

移植直前に最後の仕上げの治療をして、

気持ちの面でもリラックスして臨んでいただく(心が緊張すると身体も固くなり収縮しかねません)ことは、余計な収縮(心も身体も内膜も)の緩和を促しています。

 

移植前に治療に来て話をしたら、気が楽になりましたという声はよく聞かれます。

そうした心持で臨んでいただけることができれば、より直前という意味合いも大きくなります。

 

 

 

 

とはいえ移植後の治療もとても有用性があると感じています。

当院の場合今のところ、移植直前、移植後、移植の前日の順で成績が良いからです。

しかしながら移植後の治療では子宮の収縮を促す作用のあるツボは避けたいところです。

 

 

これらを踏まえ、今年に入り当院では、何回か胚盤胞移植を繰り返していた患者様に対して、

移植の直前と直後2回の移植の鍼治療を提案しました。

 

まだ症例数が少ないので全く参考になりませんが、現在のところ全員着床反応は出ました。

もっと件数が増えたときに、どれくらいの率なのかを出していかなくてはなりません。

 

この治療は、今まで通り移植直前の治療を重視していますので、

移植前は通常の通り治療、胚盤胞移植後の後はお灸は無しで、

鍼のみで15分~20分でポイントをついた治療のみ行っています。

 

 

 

 

グレードがいいのに着床しないこともあり、

患者さんも私たちも多々悲しい思いや悔しい思いをしてきました。

 

少しでも着床率が上がることはないかと思い、

移植前と移植後の両方を治療して、より万全を期すよう心がけました。

 

 

 

西洋医学的には説明するには不明点が多い問題ではありますが、

東洋医学的に移植後の治療で重視していることは、移植前に整えた脈を再度整えていることです。

東洋医学ですからお身体の状態を上げるには、やはりそれが一番重要だと考えています。

 

 

 

今後も着床率を上げるために考えて治療してまいりたいと思います。

 

そあら鍼灸院STEP2移植のために子宮環境や内膜を整える着床の鍼灸

LINEで送る
Pocket

着床と鍼灸治療の最新記事8件