着床と鍼灸

子宮環境と不妊(不育)鍼灸

自然妊娠希望で来院されて、中には一周期(約1~4回の治療回数)で妊娠される方がいます。

 

 

それは、特に「内膜(子宮環境)に問題がありそうだな」と脈診をして感じた場合です。

 

脈診をして「おかしいな、何かあるな」ということです。

 

そもそも脈診では姿・形の状態を診察するわけではなく、

「働き」を察します。

 

 

とはいっても病院で「内膜が薄い」等異常は指摘されるわけでもなく、

内膜の厚さも充分な方が多いです。

 

何も問題はなさそうです。

 

 

「一見子宮環境は良さそうなのに、なぜか今まで妊娠しなかった。

けど、来院されてすぐに妊娠することができた。」パターンです。

 

 

どのような方が、何も問題なさそうなのに、

子宮環境が悪そうだと判断し、改善したらすぐうまくいったのか?

 

 

 

——————————————————————————————————

それは、

 

 

具体的には、ギターの弦のような硬めの脈をうっている方がいます。

「気」のスムーズさがなく、血(血液)や子宮に問題がありそうだなと推測します。

 

 

 

こういう場合は生理痛や生理不順なんかもあったりします。

不妊鍼灸で考えれば、「内膜に問題あるかも」となるわけです。

 

 

 

この弦脈という硬めの脈が、治療で柔らかくなると、

「気」のスムーズさが出てきて「働き」がよくなります。

 

 

上記のような症状が、弦脈がとれたことで改善方向に向かうと

子宮の状態も改善されてきます。

(改善したかどうかは脈やお腹を診て判断します)。

——————————————————————————————————

 

何回か治療して、その脈の状態がよい方は、

このように一周期で妊娠することがあります。

 

 

 

 

実際には卵巣の状態(卵巣年齢)が非常に大きな要素として関わってくるので、

併せて考えることが重要です。

 

 

 

結論としては、一般不妊治療の検査や大変な排卵障害等がなく、ホルモン検査も良い数値で卵巣の状態も良いと思われるのに、なぜか結果が出なかった場合に、

比較的すぐ妊娠されることがあるように感じます。

 

 

そあら鍼灸院

LINEで送る
Pocket

着床と鍼灸治療の最新記事8件