妊活は温めた方がいい

妊娠していないのにhcgがでてしまう方の症例

hcgとは着床した際発生するホルモンです。

hcgがでる事によって黄体ホルモンが刺激され、高温期が持続され妊娠したと分かります。

 

体外受精の判定の際に血液検査でhcgがどれくらいでているか調べ、

市販で売られている妊娠検査薬は尿中に表れるhcgを調べます。

 

しかし、妊娠していないのに体内からhcgが感知される方がいらっしゃいます。

hcgが体内に残っていると採卵・移植を見送りする病院があります(特に低刺激を提唱する病院に多い)。

 

hcgが残っているといい卵が取れない、

古い卵胞が残りやすい、

着床を阻害するなどが考えられる。

 

 

このような方針の病院に通院されているなら、極力hcgは出ないに越した事はないでしょう。

 

ではどうして妊娠していないのにhcgが感知される事があるのでしょうか?

 

大きく分けて以下のような事が考えられます。

① 病院でhcg注射を受けた

排卵を促すためや黄体ホルモンの補充の為に使われています。 

 

② プラセンタドリンク・サプリメント・注射を使った

プラセンタドリンク・サプリメント・注射 プラセンタは胎盤という意味で、

美容目的でサプリメント・ドリンク・注射をされる方がいらっしゃいます。

これらを使用するとhcgが体内に残る事が多いです。

 

以前患者様で生理直前に採血をしたところhcg0.3でしたが、生理中にお肌の為にとプラセンタ注射を打ちました。

生理3日目に再びホルモン値を測った所、hcgが1.2出てしまい、 その周期の治療は見送りになりました。

 

③ 原因不明

原因不明 はっきりした理由はありませんが、常に微量のhcgが感知される方もいらっしゃいます。

hcg注射もドリンクもサプリメントも何1つ使っておりません。

 

 

 

 

ではこのように原因不明でhcgが常に出てしまう方は妊娠しにくいのでしょうか?

常に微量のhcgが出るてしまい 何度か移植・採卵を見送りましたが、病院は体質によるものと判断しました(その病院はhcgに対して厳しく、微量でも感知する場合治療は見送りしていました)。

しかし、その方は無事採卵でき、胚盤胞まで育ち、移植し妊娠・ご出産されました。

 

 

 

当院で行う妊娠に適した脈作り、お腹づくりは、質の良い卵子が育ってくるための身体づくりです。これは本来備わっている力を後押しすることになります。

鍼をするから妊娠しやすくなるのではなく、鍼をすることで元々あなた自身の持っている力が引き出された結果だと解釈しています。

 

そのような状態は妊娠しやすい脈が出てきている時です。

稀ではありますが、体質的に恒常的にhcgが出る方はいらっしゃるようです。

ホルモン値的な事はとても重要ですが、同じように身体づくり(妊娠しやすい脈づくり)もとても重要です。

 

 

妊娠しやすい脈づくりの専門家-そあら鍼灸院-

 

 

LINEで送る
Pocket

妊娠していないのにhcgがでてしまう方の症例の最新記事8件