着床と鍼灸治療のタイミング

そあら鍼灸院では、妊娠しやすい身体づくりを行っています。

妊娠しやすい身体になると、お腹は柔らかくて温かくてふっくらしたお腹になります。

そんなお腹に近づくように日々治療を行います。

 

そして最後のおすすめ!

 

「着床に合わせた日に鍼灸治療をする」

 

 

着床に合わせた鍼灸治療で、お勧めの日は以下の通りです。

 

 

タイミング・人工授精の場合

排卵もしくは人工授精した日から5~6日後

 

 

胚移植の場合

移植する胚によって変わります。

二日目胚(4分割)の場合 3~4日後
三日目胚(8分割)の場合 2~3日後
胚盤胞の場合 当日

 

 

 

例外として以下のような場合は判断に迷ってしまうかもしれませんので、ご連絡をいただければと思います。

最適なお日にちをご案内します。

 

・分割のスピードが早い場合もしくは遅い場合

(例:2日目で2分割の場合や、6分割の場合。

3日目で4分割や6分割の場合など

 

・クリニックの判断で通常とは移植の時間をずらしている場合

〔例:排卵日(黄体ホルモン開始)から5日目で胚盤胞を移植してうまくいかないところ、6日目や7日目に胚盤胞を移植して上手くいったケースもあります(実際にそのようにずらして対応してくれる病院もあります。その時は鍼灸もずらして移植した日に行います)。

 

 

 

良い子宮環境を整えてお迎えしましょう!!

 

 

そあら鍼灸院-着床鍼-

 

 

【妊娠脈づくりの専門家による不妊鍼灸ブログ】
数千名を超える臨床実績から導き出した不妊治療や不育症についての考察と経験のブログ
——————————————————————————————————————

【脈診流そあら鍼灸院HP】
「妊娠しやすい身体づくりにとって一番大切なことは、妊娠している時に近い脈であること」

 

【ご出産報告・患者さまの声・アンケートブログ】
~あなたと同じような状況の方がいらっしゃるかもしれません~

 

【そあらブログ】
不妊鍼灸や不育症については不妊不育鍼灸ブログに譲っていますので、こちらはスタッフが不妊鍼灸治療以外の様々なことを書いたブログです。
ネタ(笑)が多い?

 

【Faceboookページ】

——————————————————————————————————————

LINEで送る
Pocket

着床と鍼灸治療の最新記事8件