いつタイミングを取ればいい?(タイミング法)

結婚1年、基礎体温をつけながら
自己流でタイミングをとっている20代の方からの質問です。
「何となく排卵の時期にタイミングをとっているが、
正確にいつタイミングをとればいいのかが分かりません。」
とのことです。
状況としては
・周期は大体31日で一定
・基礎体温は2相性になっている
以上のことから、排卵はあると考えてよいでしょう。
実際いつタイミングをとればよいのか。
質問者さんは、いつも大体15日目くらいから体温があがり始め、
その頃におりものも増えてくるようです。
この時期が排卵期です。
自己流ではピンポイントで排卵日を特定するのは難しいのですが、
この排卵期に排卵する確率が高いので、
この間に何度かタイミングをとると良いでしょう(特に排卵の2日前までは妊娠しやすい)。
排卵をしてしまうと急激に頚管粘液(おりもの)の質が変化し、
精子が通過しにくくなるため妊娠しにくくなります。
排卵前におりものが増えるのは、
卵胞からエストロゲンというホルモンが分泌されるためです。
この時は膣と子宮をつなぐ子宮頚管という場所を、
精子が通過しやすくなっており、子宮内に入りやすいのです。
普段からの体作りが基本ではありますが、
排卵期におけるピンポイントの鍼灸治療の目的としては、
・おりものの状態を良好にし、子宮頚管を精子が通過しやすくなる
・卵管采でのピックアップ機能の促進
に対して行います。
鍼灸治療のお勧めの日は排卵の少し前~排卵日辺りです。
その5日~一週間後も、着床に合わせた治療日としてオススメです。
今回の質問者さんの場合、避妊をやめてから1年立ちます。
20代であることを考えると、1周期の妊娠率はどんなに良くても20%ほど。
累積妊娠率といって、妊娠したカップルが何回までに妊娠したかをみる指標があります。
1年12周期、妊娠率20%で計算すると、1年後の累積妊娠率は90%近くになります。
何か原因がないか、そろそろ病院で基礎検査を
受けることも一つです。

【妊娠脈づくりの専門家による不妊鍼灸ブログ】
数千名を超える臨床実績から導き出した不妊治療や不育症についての考察と経験のブログ
——————————————————————————————————————

【脈診流そあら鍼灸院HP】
「妊娠しやすい身体づくりにとって一番大切なことは、妊娠している時に近い脈であること」

 

【ご出産報告・患者さまの声・アンケートブログ】
~あなたと同じような状況の方がいらっしゃるかもしれません~

 

【そあらブログ】
不妊鍼灸や不育症については不妊不育鍼灸ブログに譲っていますので、こちらはスタッフが不妊鍼灸治療以外の様々なことを書いたブログです。
ネタ(笑)が多い?

 

【Faceboookページ】

——————————————————————————————————————

LINEで送る
Pocket