着床後や妊娠初期に鍼灸をお勧めするしている理由

最近は妊娠初期の初診の方が増えてきました。

初診のご予約日までの3ヶ月間にご妊娠されて、そのままいらっしゃるパターンが増えたからです。

妊娠初期の一番不安定な時期に、初診にもかかわらず来ていただけることは大変嬉しいことです。

 

当院にいらした患者様に理由を聞いてみると、

  • 前回流産したから今回は身体づくりのために鍼をすることにした
  • 今後つわりや妊娠初期の諸症状が心配
  • 実際に現在つわりがある
  • 姉妹が不育症だった
  • あまり刺さない鍼だから妊娠中でもいいと思った

等でした。

 

 

傾向をみてみると過去に鍼を受けた経験がある方が多いようです。

もともと鍼灸に対する敷居は低かったのでしょうね。

 

 

しかし今まで鍼をした経験がなく、

今現在妊娠初期だと不安に思うかもしれません。

 

この業界では、妊娠初期の鍼灸は止めた方がいいという話を一度は聞くと思います。

私は鍼灸の学生の頃に、初めてその話を聞きました。

 

 

妊娠初期にはリスクの高いといわれるツボがあるのです。

 

しかし、何故ダメなのかという明確な根拠を聞いたことはありません。

 

 

 

余談ですが、中国では堕胎のために鍼をしたがほぼ失敗に終わったという報告もあります。

なんとも恐ろしい実験があったものです。

 

目次

 

初期の流産で一番多い原因は受精卵の染色体の問題によるものです。

この場合は、着床してしばらくお腹の中で育つことができたとしても、

最終的にはほぼ流れてしまいます。

 

 

逆にいうと、染色体異常が原因の場合、

鍼灸で流産の防止をすることはできません。 

 

 

 

では鍼灸でできることはどのようなことでしょうか!

 

 

着床してすごく嬉しいけど、やっぱりこの先のことを考えると不安になってしまう。

過去に流産をしてしまった経験があるから怖い。

 

このように感じてしまうのも無理はありません。

 

産まれてくるまでやっぱり不安はつきものです。

 

緊張状態になりすぎてしまうと、

交感神経が強く働いて血管が委縮して血流が悪くなります。

着床後は栄養が赤ちゃんにスムーズに運ばれる必要があります。

 

 

 

鍼灸は副交感神経が優位になりため血流の循環が良くなるので、

不安になりやすい方には特におすすめです。

 

 

 

心を和らげて緊張を緩和して血流の循環を良くし、

穏やかに次の通院日まで過ごせるようサポートします。

 

不安なことがあればぜひご相談ください。

 

 

関連サイト

「妊婦さんへの鍼灸」

HPに妊娠中の治療の手順や安全面への配慮についてまとめています。

 

 

■■■■♩ *・♪【妊娠脈づくりの専門家】 *・+♪◆◆◆◆

【脈診流そあら鍼灸院HP】
「妊娠しやすい身体とは、妊娠している時の脈に近づくこと。

西洋医学的な状況を把握したうえで、病院での治療状況に合った鍼のペースをご提案をし、身体づくりを行います。

日常生活の中で行うことができるセルフケアを含め、一緒に身体づくりを行いましょう!」

 

【妊娠脈づくりの専門家による、そあらブログ】
不妊鍼灸治療はじめ、そあら鍼灸院のことを発信しています。

 

【ご出産報告集ブログ】
心を込めて書いてくださいました。

当院の宝物です。

◆◆◆◆+♬* *・+♪・+♪*♪*・+ ・*+♪・♪*・+ ♫■■■■

LINEで送る
Pocket

最新情報をチェックしよう!

妊娠中の鍼灸の最新記事8件