胚移植の鍼のススメと、GWの休みについて。

胚移植の鍼のススメと、GWの休みについて。

連休中に胚移植という場合もあると思います。移植にあわせての鍼灸がおすすめです。来週の移植が決まったらお早めにご連絡をいただければと思います。

6日の週も混雑してきているのでご予約はお早めが取りやすくなっております。

なおゴールデンウィーク中は29日(月)、2日(木)、4日(土)、6日(月)が鍼療日となります!

(4/29、5/2は希望が多かったため14:40まで延長します。)

11時が移植優先枠です。

現在の残り空枠は、

2日1枠

4日2枠

6日2枠

となります。

連休中の鍼療日は15時までは電話がつながりますのでよろしくお願いいたします。

■■■■♩ *・♪*・+ ♫【妊娠脈づくりの専門家による そあら不妊鍼灸ブログ】+♬* *・+♪◆◆◆◆

・クリニックでの治療状況・西洋医学的な状況を把握し、妊娠しやすい身体づくりのサポートをします。
クリニック選びは結果を左右するほど重要です。大事なことはあなたに合ったクリニックで治療ができること。
 必要に応じ適切なクリニックの情報提供・ご提案をいたします。
「体と心の緊張緩和・発散」がコツ。個室でリラックス。「話ができる」ってとても重要だと思います。
 話しにくいことも話しやすい環境づくりを心がけております。
・ご相談はどんな些細なことでもお電話、LINEで承ります。私たちの知りえること、何ができるかなど誠心誠意お答えします。

【Twitter】

【YouTube】

【インスタグラム】

東京都新宿区西新宿7-13-7 タカラビル2F

◆◆◆◆+♬* *・+♪・♪*・+ ♫♩・♪**・+ ♫* *・+♪・♪*・+ *・・+ ♫* *・+♪・♪*・+ ♫■■■■

ブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

関連記事

新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた対応について

新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた対応についての画像

新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた対応について

2020/4/6新型コロナウイルスの感染が日ごとに拡大し、感染の危険性が更に高まっております。   当院では院内感染防止の観点から、以下の対応をさせていただいております。  ...

二人目治療の方へ(お子さまと一緒に来院できる時間帯を設けました)

二人目治療の方へ(お子さまと一緒に来院できる時間帯を設けました)の画像

二人目妊活の方へ(お子さまと一緒に来院できる時間帯を設けました)

二人目希望の方もたくさんいらっしゃるのですが、面倒を見てもらえずになかなか治療ができないというお声がありました。そのため毎週火曜日の14:30~16:00までをお子さまと一緒にご来院できる時間帯としました。わずかなお時間ではありますが、鍼灸の機会をつくることができればと思います。

妊活中はどんな食事がいい?『生殖専門医と妊活栄養士が導く 授かるための2人の生活術』

妊活中はどんな食事がいい?『生殖専門医と妊活栄養士が導く 授かるための2人の生活術』の画像

妊活中はどんな食事がいい?『生殖専門医と妊活栄養士が導く 授かるための2人の生活術』

監修者である妊活栄養士 長有里子さんは当院の卒業生であり、授かるごはん講座という、妊活中の栄養指導をされています。不妊治療を実際に経験した長先生だからこそ書ける、現在不妊治療をしている(これから不妊治療をされる)カップルに向けたエールになっていると思います。