新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた対応について

新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた対応について

新型コロナウイルスの感染が日ごとに拡大し、感染の危険性が更に高まっております。

 

当院では院内感染防止の観点から、以下の対応をさせていただいております。

 

 

・ご来院時に洗面所に手洗い、うがい、アルコール消毒のお願い

・ディスポシーツ ディスポ枕カバーの使用 各部屋にアルコール消毒器 空気清浄機を設置

・治療後の部屋の換気及び連続で同じ部屋を使わない、着替え終了後のチャイムのアルコール消毒、ドアノブ等手の触れる部分のアルコール消毒

等の対策を行っております。

 

 

ご来院の患者様は、必ず当日以下をご確認ください。

・来院前に必ず体温測定を行い、37.5℃以上の場合は来院をお控えください。

・熱がなくても咳・鼻水の症状や倦怠感があったり、体調がすぐれない場合も来院をお控えください。

・感染者と接触した可能性のある方は、症状がなくても来院をお控えください。

 

現在新型コロナウイルスの感染を確実に回避するすべはありませんが、

私たち自身が意識を高め、行動することが大切です。

 

 

また、極力リスクを回避するためスタッフの勤務体制も変更させていただいております。

 

現在のところ、採卵や移植の鍼灸にもでき得る限り対応させていただく予定です。

今後の状況等により変更する場合がありますので、その際はまたご連絡いたします。

 

 

ご不明な点等ございましたら、03-6908-6744までご連絡ください。

またLINEでの対応もしております。

 

ご不便をおかけし大変申し訳ありません。

みんなで力を合わせて、新型コロナウイルスの感染を一日でも早く終息できるように

ご協力、宜しくお願い申し上げます。

 

 

大変な状況下ではありますが、この困難を乗り越えましょう。

心身をお大事になさってください。

 

■■■■♩ *・♪*・+ ♫【妊娠脈づくりの専門家による そあら不妊鍼灸ブログ】+♬* *・+♪◆◆◆◆

・クリニックでの治療状況・西洋医学的な状況を把握し、妊娠しやすい身体づくりのサポートをします。
クリニック選びは結果を左右するほど重要です。大事なことはあなたに合ったクリニックで治療ができること。
 必要に応じ適切なクリニックの情報提供・ご提案をいたします。
「体と心の緊張緩和・発散」がコツ。個室でリラックス。「話ができる」ってとても重要だと思います。
 話しにくいことも話しやすい環境づくりを心がけております。
・ご相談はどんな些細なことでもお電話、LINEで承ります。私たちの知りえること、何ができるかなど誠心誠意お答えします。

【Twitter】

【YouTube】

【インスタグラム】

東京都新宿区西新宿7-13-7 タカラビル2F

◆◆◆◆+♬* *・+♪・♪*・+ ♫♩・♪**・+ ♫* *・+♪・♪*・+ *・・+ ♫* *・+♪・♪*・+ ♫■■■■

ブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

関連記事

二人目治療の方へ(お子さまと一緒に来院できる時間帯を設けました)

二人目治療の方へ(お子さまと一緒に来院できる時間帯を設けました)の画像

二人目妊活の方へ(お子さまと一緒に来院できる時間帯を設けました)

二人目希望の方もたくさんいらっしゃるのですが、面倒を見てもらえずになかなか治療ができないというお声がありました。そのため毎週火曜日の14:30~16:00までをお子さまと一緒にご来院できる時間帯としました。わずかなお時間ではありますが、鍼灸の機会をつくることができればと思います。

妊活中はどんな食事がいい?『生殖専門医と妊活栄養士が導く 授かるための2人の生活術』

妊活中はどんな食事がいい?『生殖専門医と妊活栄養士が導く 授かるための2人の生活術』の画像

妊活中はどんな食事がいい?『生殖専門医と妊活栄養士が導く 授かるための2人の生活術』

監修者である妊活栄養士 長有里子さんは当院の卒業生であり、授かるごはん講座という、妊活中の栄養指導をされています。不妊治療を実際に経験した長先生だからこそ書ける、現在不妊治療をしている(これから不妊治療をされる)カップルに向けたエールになっていると思います。

そあら鍼灸院×sazukaruコラボ企画「月経周期別!妊活のためのセルフ灸講座」

そあら鍼灸院×sazukaruコラボ企画「月経周期別!妊活のためのセルフ灸講座」の画像

そあら鍼灸院×sazukaruコラボ企画「月経周期別!妊活のためのセルフ灸講座」

sazukaruの長先生とコラボ企画を実施します。月経周期によりツボを変えると効果的です(診察の上でツボを取ると良い)。また周期によりやらない方が良いツボがあります。その全てをお伝えします。