流産がとても悲しく、妊娠力低下に焦り子宮環境を整えるため鍼灸開始

先の見えない未来に不安を覚え、妊娠力の低下に焦りを感じていた〔ご出産報告〕

Y・H様 39歳

ご出産報告

お陰様で息子を出産することができました。

 

不妊治療中は、いつ妊娠できるのか、先の見えない未来に不安を覚え、ただただ去り行く日々とそれに伴う妊娠力の低下に焦りを感じていたため、

このように無事子供を授かれたことにこの上ない喜びを感じています。

 

 

待望の初めての妊娠が流産に終わってしまい、とても悲しかったので、それこそわらにもすがる思いでそあら鍼灸院へ伺いましたが、

松本先生は親身になって話を聞いて下さり、診察のたびに脈を通じて身体の不調を察知して的確に治療して下さるのでとても信頼して通うことができました。

 

また、スタッフの皆さんはいつも笑顔で丁寧に接して下さるので、心地よく過ごすことができました。

子供を出産することができたのは皆様のおかげです。

本当にありがとうございました。

 

今後の話ではありますが、可能であればもう1人、兄弟をつくってあげたいと考えておりますので、またお世話になりたいと思います。

その際はまたどうぞよろしくお願いいたします。

 


ご出産報告の写真

アンケート

Q:そあら鍼灸院に行こうかなあと思うようになったのは、いつ頃、 どのようなきっかけからですか?

待望の初めての妊娠が流産となり、悲しみに暮れていた頃、職場の方から病院による不妊治療だけでなく、鍼灸による不妊治療もあり、

実際にご自身も出産されているという経験談を伺い、わらにもすがる思いでそあら鍼灸院さんを紹介していただきました。

 

Q:そあら鍼灸院の印象はいかがでしたか?(ホームページ・院内・先生スタッフ等)

院内は清潔で、リラックスできる空間でした。

院長先生やスタッフの方は皆さんとても親切で、患者の話を真撃に聴いて下さるので、とても信頼することができ、とても良かったです。

 

Q:刺さない鍼と、脈をみての治療する不妊治療の鍼灸院は珍しいと思います。 どのような点に価値を感じ、続けて通院していただけましたか?

刺さない鍼というのは聞いたことがなかったのですが、実際に施術してもらうと本当に痛みもなく施術中に寝てしまうほどリラックスしていました。

施術後はいつも身体が軽くなっており、身体の中からポカポカして体調が良くなっていたので、続けて通院することに価値を感じました。

 

Q:そあら鍼灸院をひとことで表すと、どんな鍼灸院ですか?

身体も心もあたたまる安心できる鍼灸院です。

 

Q:これまでの不妊治療で、今だから言える辛かったことはどんなことですか?

採卵にあたって、毎日お腹に注射をしたり、お腹に貼ったホルモン剤がかぶれてかゆくなるのはしんどかったです。

また、最初に通っていた不妊治療の病院では、採血の際に神経にふれて、しばらく腕がしびれる事があったのですが、

全く謝罪もなく、反対に患者側を責められたので、辛かったです。

治療にあたって信頼できるところを選ぶ重要性を感じました。

 

☆同じように悩んでいる方へアドバイスやメッセージがあればお願いします。

妊娠にあたっては、血の巡りが重要であることをそあら鍼灸院さんに教えてもらいました。

病院による治療に行き詰まりを感じている方は、血の巡りに目をむけてみてはいかがでしょうか。

 


アンケートの写真

そあら鍼灸院よりコメント

Y・H様ご出産おめでとうございます!

不妊治療中はとても不安な日々だったと思います。

 

鍼灸治療ではできる限り気持ちと体が緩まりながら、妊娠力を上げていこうと思いました。

真剣に身体づくりに取り組んでいただけたお陰でどんどん体が変わっていきました。

 

特に妊娠初期の治療は重視しながら治療したのを覚えています。

それだけにご出産のご報告をいただけたときにはとても嬉しかったです。

 

Y・Hさんはこの時期花粉が辛いと思いますが、身体に気をつけてお過ごしくださいね!!

松本

不妊鍼灸治療の解説


子宮環境改善の解説

過去のこともあり、鍼灸をきっかけに子宮環境を整えたいといらっしゃいました。

 

西洋医学では子宮環境の検査は

・内膜の厚さ

・ホルモンの状態

・持続的な炎症(慢性子宮内膜炎)

・ERA検査(着床しやすい時期)

・子宮内フローラ(菌のバランス)

などがあります。

 

 

一方、東洋医学では子宮環境を整えるために何ができるのか?

 

Y・Hさんの場合は、以下の2つの問題点が入り混じっていました。

 

・ポチャッとした体に余分な水の多い状態(沈脈があるため)

・そのポチャッとした中の方には硬さのある状態(弦脈があるため)

 

この状態を表す脈は沈んだ脈と、弦脈という硬い脈です。

 

 

沈んだ脈は余分な水分がくっついている状態です。

そのためポチャッとした手触りで、身体の表面は柔らかさがあります。

 

2つ目の弦脈は、筋の問題があるときに出ます。

東洋医学では子宮も筋の一部と捉えますので、子宮が硬い状態と診断しました。

今回は硬い弦脈の方が病的な脈でした。

硬い弦脈を良くすると、硬い子宮の筋が柔らかくなり着床しやすく、妊娠後もスムーズに血が巡るようになり赤ちゃんを育む力のある子宮環境になります。

 

 

脈が硬いと、連動してお腹も硬いものです。

今回の場合は表面に柔らかさがあり、その奥に硬さがある状態です。

 

奥の方に硬さがあるため、深い場所を緩める鍼をします。

お腹が柔らかくなると「気血」が流れます。

すると子宮によく血が巡るようになり子宮環境が整います。

 

 

Y・Hさんは初診のカウンセリングで真剣に話を聞いていただけ、身体を良くしたいという思をとても感じました。

そのため自宅のケアも真剣に取り組んでいただいたこともあり、変化も早く出て結果に結びつきました。

 

まとめ

流産をしないように子宮環境を整えたいとの希望でしたが、

子宮環境を整えるには西洋医学、東洋医学のどちらの面からもアプローチができます。

 

体つき、足、腕、お腹、脈いずれも表面や外側は柔らかいが奥が硬い。

 

脈診から考えられることは、この硬さは子宮の筋の問題ととらえます。

 

 

そのため硬い子宮の筋を緩めることで気血が巡り、着床環境や妊娠中に赤ちゃんを育む子宮環境が良くなります。

 

■■♪*【そあらメソッド 妊娠しやすい身体づくりの方式*・◆◆
〔①不妊鍼灸×②不妊カウンセリング×③自宅妊活(セルフケア)

東京都新宿区西新宿7-13-7 タカラビル2F

◆◆* *・+♪・♫♩・♪**・+  *・♫・+ *・+♪・♪*■■

ブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

関連記事

43歳でスタートした妊活が、45歳で無事出産で終える事ができたのは、そあらさんのサポートがあってこそ!!でした。

43歳でスタートした妊活が、45歳で無事出産で終える事ができたのは、そあらさんのサポートがあってこそ!!でした。の画像

43歳でスタートした妊活が、45歳で無事出産で終える事ができたのは、そあらさんのサポートがあってこそ!!でした。〔ご出産報告〕

同じ鍼灸を受けるにしても、鍼灸を受けて体の感覚を「意識する」方が実は効果が高くなります。そのようにJ・Mさんご自身で引き寄せた部分も大きかったと思います。ぜひ「意識」してみましょう。