冷え対策。足でもお腹でもない意外な場所とは

冷え対策は足首でもお腹でもない!!実は意外な所!!!!

こんにちは!

暑いのが苦手、夏が苦手、でも冷やし中華は大好き!!

アイラブ麺類。そあら鍼灸院の星野です。

 

最近暑くてついついクーラーをつけっぱなしにしてしまいます…

冷えと電気代が恐ろしい…。

 

冷えは妊活の敵!!足首は出さない!!お腹を温める!!

 

妊活をするにあたって、まず聞いたことのあるワードだと思います。

私自身も身体を温めるなら足首、お腹は大事!

 

と思っていました。

 

足首温める

 

実は身体を温めるのに他にも大事なところがあるのです…!!

 

 

皆さんは寒いといって身体を丸めたことはありませんか?

 

冷えて肘の上をさすさすする

 

まさにイラストの様に肘上あたりをさすさすするように…

なぜ肘上なのでしょうか…?

 

実際肘上あたりを触ってみるとひんやりすると思います。

そこにはツボがあり、その名は「清冷淵~せいれいえん~」

 

清とはすみきった、冷たいという意味、

冷とはそのまま冷たいという意味、

淵とは多く集まる場所と言われています。

 

つまり、肘の上の「清冷淵」は冷えが多く集まる場所となるのです。

 

 

人間は反射的に身体を守る習性があります。

寒いところに行けば身体を温めようと

肘上を温め冷えを防ごうとするのです!!

 

 

 

試しに肘上を手で包んでみて下さい。

手の温かさだけでもじわじわと身体が温まります。

 

 

私は実家に帰るとき、長時間電車に乗ります。

いつもは上着を持って寒くなったら着れるようにしていますが

忘れる時もあり…電車の冷房で汗も引き、寒くなってきて

次の日には喉がイガイガ、鼻ズルズルなんてことに。

先日も上着を忘れ(忘れすぎ)、だんだん寒くなってきて「しまった~」と思っていました。

その時に手に持っていた携帯をリュックにしまい、

肘をホールドしてみると身体がじわじわと温まってきてそのままひと眠り。

次の日になっても体調を崩すことなく、思う存分実家のお犬様と遊ぶことができました。

 

 

ほんの少しのケアで体調管理にもつながる立派なセルフケアだと私は思います。

身体が温まるだけでなく、室内の冷房とお外の寒暖差のような、

急な変化があっても身体への負担が減りますので、対応できるようになります。

 

特別なものを必要とせず、「あっ」と思ったらすぐその場で対策をすることができます。

またレッグウォーマーを肘に巻くのもありです。

 

冬場はもちろん、夏場の冷房が効いた所なんかは

是非、ご自身の手で肘を守り身体を温めてあげて下さい。

それだけでも立派な冷え対策になりますよ!!!

 

■■ ・♪【妊娠脈づくりの専門家】 *♪◆◆

【お問合せ・ご予約はこちらから】

◆◆+♬* ・+♪*・+ ・*+♪・*・+ ♫■■

 

LINEで送る
Pocket