排卵の時期に何となくタイミングをとっているが、正確にいつタイミングをとればいい?

排卵の時期に何となくタイミングをとっているが、正確にいつタイミングをとればいい?

タイミングをとる時期



結婚1年、基礎体温をつけながら自己流でタイミングをとっている20代の方からの質問です。

 

「何となく排卵の時期にタイミングをとっているが、正確にいつタイミングをとればいいのかが分かりません。

状況としては、周期は大体31日で一定、基礎体温は2相性になっているとのこと。

 

以上のことから、排卵はあると考えてよいでしょう。

 

実際いつタイミングをとればよいのか?

 

質問者さんは、いつも大体15日目くらいから体温があがり始め、その頃におりものも増えてくるようです。

(おりものが増えるのは、卵胞からエストロゲンというホルモンが分泌されるためです。排卵が近いと推測できます。またこの時期に排卵チェッカーを使い始めるのもいいでしょう。)

 

自己流ではピンポイントで排卵日を特定するのは難しいのですが、この排卵期に排卵する確率が高いので、この間に何度かタイミングをとると良いでしょう(特に排卵の2日前から排卵までは妊娠しやすい)。

 

 

この時は膣と子宮をつなぐ子宮頚管という場所を、精子が通過しやすくなっており、子宮内に入りやすいのです。

 

 

しかし排卵をしてしまうと急激に頚管粘液(おりもの)の質が変化し、精子が通過しにくくなるため妊娠しにくくなります。

 

 

さいごに

今回の質問者さんの場合、避妊をやめてから1年立ちます。

20代であることを考えると、1周期の妊娠率はどんなに良くても20%ほど。

 

累積妊娠率といって、妊娠したカップルが何回までに妊娠したかをみる指標があります。

1年12周期、妊娠率20%で計算すると、1年後の累積妊娠率は90%近くになります。

 

何か原因がないか、そろそろ病院で基礎検査を受けることも一つです。

 

 

排卵期における鍼灸治療の目的は、

・おりものの状態を良好にし、子宮頚管を精子が通過しやすくする

・卵管采でのピックアップ機能の促進

です。

 

お勧めの日は排卵の少し前~排卵日辺りです。

そして排卵から5日~6日後を着床に合わせた治療日としてオススメしています。

 

ご相談はお気軽にください。

 

■■♪*【そあら式 妊娠しやすい身体づくりの方式*・◆◆
数万例超の臨床実績から導き出した、結果が出るノウハウたっぷりの方式
〔①不妊鍼灸×②不妊カウンセリング×③セルフケア
この記事は
②不妊カウンセリング
の内容となります。

【Twitter】

【初診のご予約はこちらから】

東京都新宿区西新宿7-13-7 タカラビル2F

◆◆* *・+♪・♫♩・♪**・+  *・♫・+ *・+♪・♪*■■

ブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

関連記事

円錐切除術後の妊娠 自然妊娠と人工授精(AIH)の差はある?

円錐切除術後の妊娠 自然妊娠と人工授精(AIH)の差はある?の画像

円錐切除術後の妊娠 自然妊娠と人工授精(AIH)の差はある?

円錐切除術後は頸管粘液が出にくくなる可能性があります。自然妊娠も望めますが、場合によっては人工授精が効果的かもしれません。鍼灸では妊娠に重要な質の良い卵子を得られるようにすること、子宮環境を整えることです。

採卵周期に入れない!?-採卵周期に入れる場合・入れない場合-

採卵周期に入れない!?-採卵周期に入れる場合・入れない場合-の画像

採卵周期に入れるかどうかの基準は?

臨床をしていると、FSHの数値に限らず出産にまで至ることができる良い卵子を採卵できたという場面にあいます。病院により採卵に入れるかどうかの基準は違いますが、あなたに合う病院で治療できることが人生を左右するほど重要になるかもしれません。

Natural ART Clinic(ナチュラルアートクリニック)日本橋

Natural ART Clinic(ナチュラルアートクリニック)日本橋の画像

Natural ART Clinic(ナチュラルアートクリニック)日本橋

ナチュラルアートクリニック日本橋の一番の特徴は、薬・注射を極力使用しないところです。また、小さい卵胞の中にも良好な卵子があるのではと考えています。その為、採卵時小さな卵胞も全て採卵します。また男性の精子の状態も女性の卵子と同等に大事と考えております。