不妊治療 諦めた頃妊娠?諦めない気持ちを持ったまま妊娠するには??

不妊治療 諦めた頃妊娠?諦めない気持ちを持ったまま妊娠するには??

「不妊治療を諦めた後に妊娠したという話をよく聞きますが、本当にそんな事ありますか?」



「諦めた頃に妊娠した。」

 

よく聞きますよね。

 

 

当院に通われていた患者様が

「主人の周りには治療を諦めた後妊娠した方がいるらしいです。その影響で私に『一旦諦めると妊娠するのでは?』と言ってきました!」

と憤慨されていました。

 

当院では諦めた頃…というより

「今周期は妊娠しないだろう」と考えやすい『治療のお休み周期』に妊娠した話を伺う事があります。

 

例1

3年間タイミング、

3回人工授精を経て体外受精にステップアップ。

 

1回目の移植は残念ながら陰性。

1周期空けて2回目の採卵予定だったが、採卵前の休み周期の間に自然妊娠

 

 

例2

過去5回程採卵・移植をしているが全て陰性。

その後の休み周期のつもりで人工授精したところ妊娠

 

 


共通点「この周期に妊娠すると全く思っていない。」


驚きの妊娠

 

ミラクルと称される方々にある共通点

 

「この周期に妊娠すると全く思っていない。」

 

体外受精の治療中、休み周期も積極的に排卵日を調べた上で夫婦生活をもつ方も多いです。

 

 

しかし不思議な事に実際妊娠された方は

 

「おりものが増えたから一応夫婦生活を持ちました。」

と、あまり妊娠へ意識はしていません。

 

 

生理予定日過ぎても生理が始まらないので

私から「妊娠ではないですか?」

と伺っても

 

「今まで何度も治療してもうまくいかなかったのに自然妊娠は絶対ない!」

とおっしゃるぐらいです。

 

 

本来、きちんと排卵日を見極めて夫婦生活を持った方が妊娠しやすい筈。

しかし現実は意識せず夫婦生活を持った方が妊娠した。

 

 

この違いは何でしょう?

 

 

 

顕著な違いは

 

「リラックス」

 

 

リラックスして過ごされている方の方が妊娠しやすいように思います。

 

 


不妊治療にリラックスがいいわけ…カギは副交感神経

ねそべって副交感神経優位

リラックスしている時は副交感神経優位な状態。

 

副交感神経が優位になると内臓への血流がよくなります。

 

子宮や卵巣へしっかり血が届き、ホルモンも充分運ばれる事が推測可能。

(ホルモンは血流にのって内臓に送られます。)

 

 

内臓への血流がよくなり、妊娠しやすい状態に自然に整えていたのかと思います。

 

 

また、お休み周期は治療や妊娠へのストレス・プレッシャーからも解放されているでしょう。

 

ストレスが体に与える影響は皆様実感されているかと思います。

 

 

強いストレスを受けると発生するコルチゾールというストレスホルモン。

生きるためには少量は必要ですが、過剰ですと体に悪影響を及ぼします。

 

 

これも妊娠や流産に関係するといわれています。

 

では

  • 「リラックスして過ごす」
  • 「妊娠を意識せず、ストレスを溜め込まない」

 

分かってはいるけど、なかなかうまくいかないでしょう。

 

 

 

リラックスして副交感神経を優位にする方法

そんな時のお勧めは

 

「深くゆっくり呼吸をする。」

 

です。

 

 

自律神経とは自分でコントロールできないものですが、唯一意識して行えるものは呼吸です。

 

交感神経優位な時は呼吸が浅くなり、

副交感神経が優位な時は呼吸が深くなります。

 

 

もう1つは

「口角を上げて過ごす」

 

 

表情と感情は関係性があります。

明るい気持ちでいると笑顔になりますし、悲しいと人は顔を曇らせます。

 

 

何とこの逆も存在します!

 

 

つまり、楽しくなくとも笑顔で過ごせば明るくなり、楽しい時でも顔を曇らせれば悲しくなるのです。

 

なので口角を上げて笑顔になればおのずと気持ちも晴れます。

治療のお休み周期は自然とこういった事ができています。

 

しかし、治療周期も

「呼吸を深くする」

「口角をあげて過ごす」

で、お体の緊張を取って妊娠へのコンディションを整えていきましょう!

 

 

■■♪*【そあら式 妊娠しやすい身体づくりの方式*・◆◆
数万例超の臨床実績から導き出した、結果が出るノウハウたっぷりの方式
〔①妊娠しやすい脈づくり×②不妊カウンセリング×③セルフケア
この記事は
③セルフケア
の内容となります。

【Twitter】

【初診のご予約はこちらから】

東京都新宿区西新宿7-13-7 タカラビル2F

◆◆* *・+♪・♫♩・♪**・+  *・♫・+ *・+♪・♪*■■

ブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

関連記事

コロナで妊活ができなくて不安な方へ -自粛中にどういう心持ちで妊活の準備をすればいいのか-

コロナで妊活ができなくて不安な方へ -自粛中にどういう心持ちで妊活の準備をすればいいのか-の画像

コロナで妊活ができなくて不安な方へ -自粛中にどういう心持ちで妊活の準備をすればいいのか-

コロナが不安で今まで通り妊活ができなくなってしまった。妊活が積極的にできない間はどうやって身体づくりをしたらいいのか。それは免疫力の高い健康的な身体をつくることです。

妊活をたくさん頑張って疲れていませんか?

妊活をたくさん頑張って疲れていませんか?の画像

妊活をたくさん頑張って疲れていませんか?頑張る→いたわる

長い目で妊活…と言われるとげんなりしませんか?長い目で…と言われると嫌に思ってしまうのは妊活を『頑張っている』からではないでしょうか?「『頑張っている』から一刻も早く妊娠して妊活を終了したい。」そんな思いはありませんか?そんな私ですが、最近妊活は「頑張る」ではなく「労わる」ものではないかと気付かされました。

排卵日を伝えられたご主人の心境~みんなは排卵日をどのように伝えている?

排卵日を伝えられたご主人の心境~みんなは排卵日をどのように伝えている?の画像

排卵日の伝え方 夫にどう伝える? 

明日が排卵日と伝えると嫌がられ、夫婦生活がもてなかった。排卵日を伝えようとするとあからさまに嫌な顔をされ、正確な排卵日を伝えられないでいる。排卵前に夫婦生活を持って妊娠の確率を上げたいのに嫌な顔をされると、妊娠に対する意識のズレを痛感して辛い。女性からはこのようなお話が多いですが、ご主人の心境はどのようなものでしょうか?