鍼灸学会での婦人科の講義資料〔婦人科疾患と脈〕不妊症の話もしました

学会での婦人科の講義資料〔婦人科疾患と脈〕

そあら鍼灸院では鍼で妊娠しやすい身体づくりを行います。

治療を行っていくと身体が変わっていくのですが、

妊娠の準備が整ってくると脈も変わってきます。

脈診という東洋医学的な診察によって、身体の状態を把握できるのです。

例えば、

「妊娠している脈」

というものがあります。

これは脈や鍼灸について書かれた中国最古の医学書の一文です。

「女性の脈を診て、少陰にあたる部位の脈が甚だしければ妊娠している」

とあります。

脈は身体の状態を反映しているので、

妊娠をしている状態も分かります。

2018年の12月に学会で行った講義の資料ですが、

様々な婦人科における状態と脈との関連を記載したものです。

講義の資料「婦人科疾患と脈」

(資料は鍼灸師向けの講義なので専門的な内容になります)

目次

1女性の一生

2月経

3筋腫・嚢腫など

4不正出血

5発生学

6妊娠

7妊娠中の症状

8不妊

9流産

10産後

■■■■♩ *・♪*・+ ♫【妊娠脈づくりの専門家】+♬* *・+♪◆◆◆◆

■■■■♩ *・♪*・+ ♫【妊娠脈づくりの専門家による そあら不妊鍼灸ブログ】+♬* *・+♪◆◆◆◆

・クリニックでの治療状況・西洋医学的な状況を把握し、妊娠しやすい身体づくりのサポートをします。
クリニック選びは結果を左右するほど重要です。大事なことはあなたに合ったクリニックで治療ができること。
 必要に応じ適切なクリニックの情報提供・ご提案をいたします。
「体と心の緊張緩和・発散」がコツ。個室でリラックス。「話ができる」ってとても重要だと思います。
 話しにくいことも話しやすい環境づくりを心がけております。
・ご相談はどんな些細なことでもお電話、LINEで承ります。私たちの知りえること、何ができるかなど誠心誠意お答えします。

【Twitter】

【YouTube】

【インスタグラム】

東京都新宿区西新宿7-13-7 タカラビル2F

◆◆◆◆+♬* *・+♪・♪*・+ ♫♩・♪**・+ ♫* *・+♪・♪*・+ *・・+ ♫* *・+♪・♪*・+ ♫■■■■

友だち追加
ブックマークに追加
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加