鍼灸の学会で脈の研修-妊娠しやすい脈づくりのために-

鍼灸の学会で脈の研修-妊娠しやすい脈づくりのために-

総会 講師挨拶

先日、鍼灸の研修会の総会と外来講師講演がありました。

毎年4月は総会です。

この時はばっちりスーツになります!

4月は講師の挨拶があるのが恒例。

研修部の講師として挨拶で前に出たのですが…

撮影は

目をつぶった瞬間(汗)

ばっちりスーツなのに…

(でもせっかく撮っていただいたので写真使いましょう。一応サイズは小さくしておこう)

 

「1年間は意外に短いですよ。時間を大切に研修しましょう」

ということを話しました。

自戒を込めて!

 


外来講師講演 『難経本義諺解』


そして午後の外来講師講演は荒川緑先生による『難経本義諺解』について

 

難経はこれで[なんぎょう]と読みます。

 

『難経』は紀元後しばらくした頃の本と言われています。

いってみれば鍼の専門書です。

 

なんと半分近くが脈について書かれてる。

それだけ鍼治療には脈診が欠かせないのです。

 

脈で生きるか死ぬか分かると始めの方に書いています。

 

脈診を応用すると妊娠しやすい身体かどうかも分かります。

 



これが『難経』

(インスタでちょくちょく発表のシーンがあるのはこの難経の発表です)



(荒川先生は院長松本が鍼灸の学校に通っていたころの先生です。)

『難経』のように昔の本を古典といいます。

 

東洋医学は古典が元になっているので、

私たち鍼灸師はこの古典を勉強し、日々の臨床にあたるわけです。

 

古典には脈のことがとても多く書かれてあり、

脈の重要性がイヤでも分かります。

 

読んだら分かるのですが、重要なことは古典に書かれています。

 

大事なのは古典を臨床に結びつけること!

 

そのためにインプットしては臨床の繰り返しです。

 

そうそう、

11月に婦人科疾患について学会で話すことになりました。

「婦人科疾患と脈」について話そうかなと考えています。

(11月の講義の様子 医事寸言というフリートークもあります 妊娠の確率を上げる東洋医学的身体づくり)

 

全ては明日の臨床のために

「人生が変わるサポート」のために

 

■■♪*【そあら式 妊娠しやすい身体づくりの方式*・◆◆
数万例超の臨床実績から導き出した、結果が出るノウハウたっぷりの方式
〔①不妊鍼灸×②不妊カウンセリング×③セルフケア
この記事は
①不妊鍼灸
の内容となります。

【Twitter】

【初診のご予約はこちらから】

東京都新宿区西新宿7-13-7 タカラビル2F

◆◆* *・+♪・♫♩・♪**・+  *・♫・+ *・+♪・♪*■■

ブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

関連記事

「呼吸器疾患」講義 不妊鍼灸にも共通するツボ選びのコツ

「呼吸器疾患」講義 不妊鍼灸にも共通するツボ選びのコツの画像

「呼吸器疾患」講義 妊活にも共通するツボ選びのコツ

その方に合ったツボを選ぶことが効果を上げるコツ。それは呼吸器疾患でも妊活の鍼灸でも同じ。たとえ「喘息」という同じ病名でも、一人ひとり違うため、使うツボは様々です。

妊娠の確率を上げる東洋医学的身体づくり

妊娠の確率を上げる東洋医学的身体づくりの画像

妊娠の確率を上げる東洋医学的身体づくり

一人一人体質も置かれている環境も感情や考え方や症状も違うので、脈も色々だし治療で使うツボも状況に合わせて使うことが効果的。「妊娠しやすい身体」になることが東洋医学的なアプローチ。その秘訣は「妊娠しやすい脈」にすること。

まさかの展開にびっくり。代表就任。

まさかの展開にびっくり。代表就任。の画像

まさかの展開にびっくり。代表就任。(脈診治療をしたい先生の研修会)

今年度は役員の変更があり、この度代表に就任することとなりました。東京漢方鍼医会には、脈を診て治療をしたいという先生たちが集まってきます。古典を臨床に活かしたい。刺さない鍼で治療ができるようになりたい先生はぜひご連絡をください。