鍼灸の学会で脈の研修-妊娠しやすい脈づくりのために-

鍼灸の学会で脈の研修-妊娠しやすい脈づくりのために-

先日、鍼灸の研修会の総会と外来講師講演がありました。

毎年4月は総会です。

この時はばっちりスーツになります!

4月は講師の挨拶があるのが恒例。

研修部の講師として挨拶で前に出たのですが…

撮影は

目をつぶった瞬間(汗)

ばっちりスーツなのに…

(でもせっかく撮っていただいたので写真使いましょう。一応サイズは小さくしておこう)

「1年間は意外に短いですよ。時間を大切に研修しましょう」

ということを話しました。

自戒を込めて!

そして午後の外来講師講演は荒川緑先生による『難経本義諺解』について

難経はこれで[なんぎょう]と読みます。

『難経』は紀元後しばらくした頃の本と言われています。

いってみれば鍼の専門書です。

なんと半分近くが脈について書かれています。

それだけ鍼治療には脈診が欠かせないのです。

脈で生きるか死ぬか分かると始めの方に書いています。

脈診を応用すると妊娠しやすい身体かどうかも分かります。

これが『難経』

(インスタでちょくちょく発表のシーンがあるのはこの難経の発表です)

(荒川先生は院長松本が鍼灸の学校に通っていたころの先生です。)

『難経』のように昔の本を古典といいます。

東洋医学は古典が元になっているので、

私たち鍼灸師はこの古典を勉強し、日々の臨床にあたるわけです。

古典には脈のことがとても多く書かれてあり、

脈の重要性がイヤでも分かります。

読んだら分かるのですが、重要なことは古典に書かれています。

大事なのは古典を臨床に結びつけること!

そのためにインプットしては臨床の繰り返しです。

そうそう、

11月に婦人科疾患について学会で話すことになりました。

「婦人科疾患と脈」について話そうかなと考えています。

全ては明日の臨床のために

「人生が変わるサポート」のために

■■■■♩ *・♪*・+ ♫【妊娠脈づくりの専門家】+♬* *・+♪◆◆◆◆

鍼灸の学会で脈の研修-妊娠しやすい脈づくりのために-

【脈診流そあら鍼灸院HP】
「妊娠しやすい身体とは、妊娠している時の脈に近づくこと。刺さない鍼で実現します。

西洋医学的な状況を把握したうえで、病院での治療状況に合った鍼のペースをご提案をし、身体づくりを行います。

生活の中で行うことができる身体づくりはバカにできません。セルフケアを含め一緒に身体づくりを行いましょう!」

【ご出産報告・患者さまの声・アンケートのページ】
皆様が心を込めて書いてくださいました。

当院の宝物です。

【妊娠脈づくりの専門家による、そあらブログ】
不妊鍼灸治療はじめそあら鍼灸院のことなどたくさん発信しています。

【インスタグラム】

【Faceboookページ】

◆◆◆◆+♬* *・+♪・♪*・+ ♫♩・♪*・+ ♫* *・+♪・♪*・+ ♫■■■■

友だち追加
ブックマークに追加
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加