不妊鍼灸 頻度・いつ

不妊鍼灸 頻度・いつ


胚盤胞移植 移植前と移植後の鍼灸はどちらがおすすめ?【移植直前】

胚盤胞移植 移植前と移植後の鍼灸はどちらがおすすめ?【移植直前】の画像

胚盤胞移植 移植前と移植後の鍼灸はどちらがおすすめ?【移植直前】

胚盤胞移植の場合は移植日当日。可能なら移植直前の鍼灸をお勧めしています。「移植前の緊張で身体が冷えたり緊張して移植したことがあった」と伺い、その時から移植の前に温かい状態、血流のいい状態、緊張が緩んだ状態で臨めるといいなと思ったわけです。

不妊鍼灸 おすすめの頻度は? -効果的な鍼灸治療ペース-

不妊鍼灸 おすすめの頻度は? -効果的な鍼灸治療ペース-の画像

不妊鍼灸 おすすめの頻度は? -効果的な鍼灸治療ペース-

治療をして体の状態を高め、体が戻りきる前にまた鍼灸治療を受ける。 この繰り返しでお体の土台が出来上がります。また 採卵や移植など特に重要な時期は、コンスタントな治療に加えて、重点的に治療をするとより効果的です。

鍼灸を始めるタイミング

鍼灸を始めるタイミングの画像

卵子の老化 不妊鍼灸を始めるタイミングは?

「卵子の老化」という言葉はご存じかもしれません。女性はの卵子は減る一方。卵胞は約200日かけて排卵直前まで成長します。つまり良くも悪くも半年前からすでに影響を受けています!妊娠を望まれている方は早めに始められた方が有利となります。

不妊鍼灸のペース 月1回しか受けられないけど効果ある?

不妊鍼灸のペース 月1回しか受けられないけど効果ある?の画像

不妊鍼灸のペース 月1回しか受けられないけど効果ある?

週1回と月1回では効果はかなり変わるものの、セルフケアを正しくしていけば確実に体は変わります。そして月1回の治療日はセルフフケアの方向性が間違っていないか確認しアドバイスを行います。

着床鍼灸 着床に合わせた鍼灸治療の日はいつ?

着床鍼灸 着床に合わせた鍼灸治療の日はいつ?の画像

着床鍼灸 着床に合わせた鍼灸治療の日はいつ?

着床に合わせた鍼灸治療のおすすめ日は、タイミング・人工授精の場合「排卵した日から5~6日後」。2日目胚は移植の3-4日後、3日目胚は移植の2-3日後。胚盤胞移植は移植日当日となります。良い子宮環境で胚をお迎えしましょう。