不妊鍼灸 効果

不妊鍼灸 効果

体温が1度上がると免疫力が5倍に!これから2年間のコロナ時代の妊活。

体温が1度上がると免疫力が5倍に!これから2年間のコロナ時代の妊活。の画像

体温が1度上がると免疫力が5倍に!これから2年間のコロナ時代の妊活。

あと後2年間はコロナウイルスはまだ収束しないかもしれません。妊活も感染に注意しながらとなるでしょう。そこで免疫力を高め抵抗力をつけましょう。健康的なレベルを上げることが大事です。健康力の高い状態とは妊娠しやすい状態といえます。

流産しない身体づくり。本当に考えるべき不妊鍼灸。

流産しない身体づくり。本当に考えるべき不妊鍼灸。の画像

流産しない身体づくり。本当に考えるべき不妊鍼灸。

出産までは不安の連続。ゴールは妊娠ではなくご出産だからです。伝統的な鍼灸では生命力のある状態を「胃の気」のある脈として診ていました。この生命力のある脈になれるよう身体づくりをすることが、流産しにくい本当に大事な不妊鍼灸だと考えています。

不妊鍼灸の治療の効果を高める受け方のコツ

不妊鍼灸の治療の効果を高める受け方のコツの画像

不妊鍼灸の効果を高める受け方のコツ

快適に鍼灸を受ける。思ったことは言ってみる。当たり前と思いますか?意外と思う方もいらっしゃるかもしれません。ちょっとしたことですが、案外大きな差となってきます。

冬の冷えと不妊鍼灸「冬は妊娠率が落ちますか?」 

冬の冷えと不妊鍼灸「冬は妊娠率が落ちますか?」 の画像

冬は妊娠しにくいですか?

「冬は妊娠率が落ちるのでしょうか?」冬だからといっても「妊娠しやすい身体」の準備ができていれば、妊娠率が落ちることはありません。厚生労働省の月別に見た出生率を調べてみても、その差はほとんどありません。一番大事なことは「身体が妊娠の準備が出来ているか」ということ。

真夏は妊娠しにくい?「真夏は妊娠率が下がりますか?」真夏と不妊鍼灸

真夏は妊娠しにくい?「真夏は妊娠率が下がりますか?」真夏と不妊鍼灸の画像

真夏は妊娠しにくくなりますか?

真夏で暑すぎると妊娠しにくくなってしまうのでしょうか?真夏でも妊娠しにくくなるということはありません。しかし暑さで体調が悪くなるなど悪い影響を受けている場合はしっかりと体を回復させてゆくべきです。原則としては「身体の内側がしっかりしていれば、外からの影響を大きく受けないので問題ありません」

採卵周期にhCGが残ると良くないとされるが… hcgが検出されながらもご出産された症例

採卵周期にhCGが残ると良くないとされるが… hcgが検出されながらもご出産された症例の画像

採卵周期にhCGが残ると良くないとされるが… hcgが検出されながらもご出産された症例

原因不明でhcgが常に出てしまう方は妊娠しにくいのでしょうか? 常に微量のhcgが出るてしまい 何度か移植・採卵を見送りましたが、病院は体質によるものと判断し採卵移植し妊娠・ご出産されました。様々な条件はありますが、質の良い卵子が得られることが重要です。

不妊鍼灸の効果を倍増する方法「意識する」だけ!

不妊鍼灸の効果を倍増する方法「意識する」だけ!の画像

不妊鍼灸の効果を倍増する方法「意識する」だけ!

「意識はエネルギーに方向性を与えます」鍼灸治療を受ける際には、鍼灸によって温まる、血流が良くなるなど良いイメージを持ちながら受けると効果が高まります。意識するだけです。