不妊鍼灸の治療の効果を高める受け方のコツ

不妊鍼灸の効果を高める受け方のコツ

快適に鍼灸を受けて効果を高める -効果を高めるコツその1-


落ち着いた気持ちで横になる

まずは、落ちついた気持ちで治療に臨めるようにしましょう。

また

  • お部屋が寒い
  • タオルをもう一枚かけてほしい
  • うつ伏せが苦しい
  • 胸あては無い方が楽

ということもあるでしょう。

このような事を我慢してしまうと、

治療効果が半減してしまいます。

 

快適な状態

お受けいただくことが効果高めるコツです。

 

遠慮せずお申し出ください。

 

 


体調で気になることを教えてください -効果を高めるコツその2-


楽なうつ伏せで効果を高める

妊活で改善すべきは、

冷え性や血行の悪さだけではありません。

 

不妊鍼灸の一番の効果・目的は

「あなた自身の持つ力を引き出す」

ということ。

 

それを引き出すための不妊鍼灸は、

日々の不調を改善することが含まれます。

  • 頭が痛い
  • 胃が痛い
  • 疲れがたまっている
  • 落ち込んでいる
  • イライラしている

など、気になる症状があればお伝えください。

 

 

 

不妊鍼灸には基本的にこのツボを使えば良い

というツボがありません。

 

もちろん婦人科に対し有名なツボはありますが、

体質や生活習慣、外部環境や内面、気になる症状など、

様々な影響を受けています。

当たり前だけど人それぞれが違う。

そのため人それぞれ違うということを考慮してあなたに合うツボを使うのが、

効果的に「あなた自身の持つ力を引き出す」秘訣なのです。

 

 

しかし有名なツボは効果が高いということ!

人それぞれ違うことを踏まえた上で、

状況に応じて有名なツボも使っていくことが一番いいのではないかと思っています。

要はツボの使い方が大事だということです!

 

 

少し話がそれましたが、

まとめると、

効果的な不妊鍼灸を行うには、日々の症状の改善も大切。

そのために診察で原因を分析する必要があります。

体調や思っていることなどありましたら、

大きなヒントにつながるかもしれませんので

ぜひおっしゃってください。

 

 

そうすると

ツボ選びの精度がもっと上がり

「元々備えている妊娠する力を引き出す」

ことができます。

 

コツのその2

気になることは口に出してみてください。

 

 

まとめ

  • 快適な状態で鍼灸を受けた方が効果が高まる

鍼灸を受けている最中に、熱い寒い、タオルがもう一枚ほしいなどあったら積極的におっしゃってください

 

  • 気になることはおっしゃってください

誰しもが持っている妊娠する力を引き出すのが不妊鍼灸の強み

体調や感情を踏まえて診察治療をすると効果の高い鍼灸ができる

 

■■♪*【そあら式 妊娠しやすい身体づくりの方式*・◆◆
数万例超の臨床実績から導き出した、結果が出るノウハウたっぷりの方式
〔①不妊鍼灸×②不妊カウンセリング×③セルフケア
この記事は
①不妊鍼灸
の内容となります。

【Twitter】

【初診のご予約はこちらから】

東京都新宿区西新宿7-13-7 タカラビル2F

◆◆* *・+♪・♫♩・♪**・+  *・♫・+ *・+♪・♪*■■

ブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

関連記事

体温が1度上がると免疫力が5倍に!これから2年間のコロナ時代の妊活。

体温が1度上がると免疫力が5倍に!これから2年間のコロナ時代の妊活。の画像

体温が1度上がると免疫力が5倍に!これから2年間のコロナ時代の妊活。

あと後2年間はコロナウイルスはまだ収束しないかもしれません。妊活も感染に注意しながらとなるでしょう。そこで免疫力を高め抵抗力をつけましょう。健康的なレベルを上げることが大事です。健康力の高い状態とは妊娠しやすい状態といえます。

流産しない身体づくり。本当に考えるべき不妊鍼灸。

流産しない身体づくり。本当に考えるべき不妊鍼灸。の画像

流産しない身体づくり。本当に考えるべき不妊鍼灸。

出産までは不安の連続。ゴールは妊娠ではなくご出産だからです。伝統的な鍼灸では生命力のある状態を「胃の気」のある脈として診ていました。この生命力のある脈になれるよう身体づくりをすることが、流産しにくい本当に大事な不妊鍼灸だと考えています。

冬の冷えと不妊鍼灸「冬は妊娠率が落ちますか?」 

冬の冷えと不妊鍼灸「冬は妊娠率が落ちますか?」 の画像

冬は妊娠しにくいですか?

「冬は妊娠率が落ちるのでしょうか?」冬だからといっても「妊娠しやすい身体」の準備ができていれば、妊娠率が落ちることはありません。厚生労働省の月別に見た出生率を調べてみても、その差はほとんどありません。一番大事なことは「身体が妊娠の準備が出来ているか」ということ。