不妊鍼灸の効果を倍増する方法「意識する」だけ!

不妊鍼灸の効果を倍増する方法「意識する」だけ!

めんどくさくて、どうしても妊活のセルフケアができないんだけど…


脈診

妊活中の皆様、お体作りはいかがですか?

そあら鍼灸院の楠本です。

 

生活改善をすると

脈もお腹も体調も良くなり、

妊娠力は高まります。

 

私自身も

「ゆっくり湯船につかる」

「食事を自炊してバランスに気を付ける」

「早く眠る」

「運動する(私の場合はジョギングとピラティス)」

「深い呼吸を心掛ける」

これらをやると確実に調子がいいです!

 

 

しかし!!!!

分かっていても生活改善も出来ない方も少なからずいらっしゃいます。

 

 

「やった方がいいのは分かっていますけど、どうしても続きません。」

 

こんな意見もチラホラ。

後ろめたくて、言えない方も多いでしょう。

 

 

だからそんな面倒くさがりさんはもっといるかも!!

 

 

 

ただし、当院では自称面倒くさがりさんこそ鍼灸治療を積極的に受けています。

 

私の中で疑問だったので(面倒であれば鍼灸治療もできないのでは?と思っていました)

どうして鍼灸治療は続いているか聞いてみました。

 

答えは

「鍼灸治療はベッドで横になれば先生が治療してくれるから!

会社帰りで、その場所に向かう事はそこまで面倒ではありません。」

 

 

確かに!!!

スポーツジムが続かない方は多いと聞きます。

行ったら自主的に運動しなくてはいけません。

 

しかし鍼灸治療の場合、

あくまでも治療するのは先生の仕事。

 

 

治療が痛いと足も遠のきますが、

当院では気持ち良い鍼灸治療。

治療中眠られる方もいらっしゃいます。

 

 

妊活中、体作りをあまりしていないと罪悪感があるという意見を聞いた事があります。

 

 


定期的に鍼灸治療をけるメリット


意識するだけ

しかし、定期的に鍼灸治療をしていればこんなメリットが!

 

①充分妊活に向けての体作りをしている

②何もしていないという罪悪感もない

③定期的に体作りを行っているので妊活への意識が高まる

 

継続的な鍼灸治療はメリットがいっぱいです。

ただし1点だけ注意事項が!!

 

「ただ鍼灸治療を受けている」

だと効果が半減してしまいます。

 

人は

「意識をする」だけで効果がグッと上がる

と言われています。

 

 

皆様誰しも1度は腹筋運動をした事がありますよね?

 

何も考えず腹筋運動をするのと、

お腹の筋肉を意識して腹筋運動をするのでは、

筋肉への負荷が全く違います!!

 

鍼灸治療も

「鍼灸治療で体が良くなっている、妊娠への一歩!」

こんなイメージを持って治療をすると効果が高まります!

 

仕事の帰り・病院の帰り、

少し立ち寄って休むようなイメージで鍼灸治療を受けてみてはいかがでしょうか?

 

面倒くさがりさんも癒されながら妊活に取り組みましょう!

まとめ

  1. 定期的に鍼灸を受けると身体づくりの効果が大きい
  2. いいイメージを意識しながら受けると、さらに効果が上がる(何となく受けているだけより効果が高い)
■■♪*【そあらメソッド 妊娠しやすい身体づくりの方式*・◆◆
〔①不妊鍼灸×②不妊カウンセリング×③自宅妊活(セルフケア)
この記事は
①不妊鍼灸
の内容となります。

東京都新宿区西新宿7-13-7 タカラビル2F

◆◆* *・+♪・♫♩・♪**・+  *・♫・+ *・+♪・♪*■■

ブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

関連記事

流産しない身体づくり。本当に考えるべき不妊鍼灸。

流産しない身体づくり。本当に考えるべき不妊鍼灸。の画像

流産しない身体づくり。本当に考えるべき不妊鍼灸。

出産までは不安の連続。ゴールは妊娠ではなくご出産だからです。伝統的な鍼灸では生命力のある状態を「胃の気」のある脈として診ていました。この生命力のある脈になれるよう身体づくりをすることが、流産しにくい本当に大事な不妊鍼灸だと考えています。

不妊鍼灸の治療の効果を高める受け方のコツ

不妊鍼灸の治療の効果を高める受け方のコツの画像

不妊鍼灸の効果を高める受け方のコツ

快適に鍼灸を受ける。思ったことは言ってみる。当たり前と思いますか?意外と思う方もいらっしゃるかもしれません。ちょっとしたことですが、案外大きな差となってきます。

冬の冷えと不妊鍼灸「冬は妊娠率が落ちますか?」 

冬の冷えと不妊鍼灸「冬は妊娠率が落ちますか?」 の画像

冬は妊娠しにくいですか?

「冬は妊娠率が落ちるのでしょうか?」冬だからといっても「妊娠しやすい身体」の準備ができていれば、妊娠率が落ちることはありません。厚生労働省の月別に見た出生率を調べてみても、その差はほとんどありません。一番大事なことは「身体が妊娠の準備が出来ているか」ということ。