流産しない身体づくり。本当に考えるべき不妊鍼灸。

流産しない身体づくり。本当に考えるべき不妊鍼灸。

妊娠数250人目標?

ベッド2床で行うのも去年まで。

今年からはベッド5床で心機一転、もっと新宿駅に近い場所で鍼療します。

 

そこで2013年の妊娠数の結果について考えてみました。

 

結果は101人。

 

ベッド1床あたりの妊娠された患者さまは50.5人でした。

 

5床だと単純計算で妊娠数250人となりますが、スタッフを募集しないといけません。

今年は院内の体制をしっかり整えます。

流産しない身体づくり

いつも思うことがあります。

妊娠数って1番大事なものなのか。と。

 

妊娠された患者様の不安は、

「無事出産できるな」と、

いざ出産が終わるまで、ずっと不安です。

 

だから私は、流産しない身体づくり、ご出産まで意識した身体づくりが一番大事だと強く思います。

 

ネガティブなワードなのであまり使いたくありませんが、

流産をどれだけ抑えられるか。

ということです。

 

一般的に

35歳の流産率は約20%

40歳の流産率は約40%

といわれます。

 

当院の2013年までの流産率は22.17%でした。

(※2019年時点では18.63%。未報告もあるはずなので実際は少し高くなると思われます。)

 

染色体の問題など、鍼では何もできない部分があります。

 

大事なことは、東洋医学の専門家として何ができることなのか知ること。

 

流産を鍼灸古典から考える

東洋医学の古典では、流産しやすい脈や身体の状態のことが書かれています。

 

2つ例に出すと、

 

弦脈

婦人経断じて躯あるも、その脉弦なるは、後必ず大いに下り、胎を成さず。

弦は、肝脉なり。肝は疏泄を主る。今弦を見(あらわ)せば、則ち肝木太過、血を蔵することあたわず。『診家正眼』

→弦脈が出ていると血が蔵することができなくて流産してしまう。

 

散脈

産は生兆となし、胎は墮となし、妊娠中のときは流産の兆しとし… 『瀕湖脈学』

→出産する婦人がこの脉が現れるのは生きる。妊娠中の婦人がこの脉が現れるのは流産する

 

これは身体と脈が合ってないならば予後が悪いのです。

妊娠前から身体と脈が合うようにすると良い。

 

もっと具体的に考えると、脈と季節が合った体にすると良いのです。

 

不妊鍼灸専門だからできること

このように

流産しやすい身体が事実としてあります。

 

これを踏まえると、鍼灸では妊娠前から流産しにくい身体づくりが可能になる。

人間本来が持つ「生命力の強化」をする鍼(ヤジロベー理論)がそあら鍼灸院の治療です。

 

できることとできないことがあるのは事実ですが、そのための不妊鍼灸が大事だと思います。

 

 

 

不安なことが多い不妊治療だと思います。

 

妊娠・ご出産に向けて

「妊娠しやすい身体づくり」

「流産しにくい身体づくり」

を鍼灸の見地から、微力ながらサポートさせていただきます。

■■♪*【そあらメソッド 妊娠しやすい身体づくりの方式*・◆◆
〔①不妊鍼灸×②不妊カウンセリング×③自宅妊活(セルフケア)
この記事は
①不妊鍼灸
の内容となります。

東京都新宿区西新宿7-13-7 タカラビル2F

◆◆* *・+♪・♫♩・♪**・+  *・♫・+ *・+♪・♪*■■

ブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

関連記事

体温が1度上がると免疫力が5倍に!これから2年間のコロナ時代の妊活。

体温が1度上がると免疫力が5倍に!これから2年間のコロナ時代の妊活。の画像

体温が1度上がると免疫力が5倍に!これから2年間のコロナ時代の妊活。

あと後2年間はコロナウイルスはまだ収束しないかもしれません。妊活も感染に注意しながらとなるでしょう。そこで免疫力を高め抵抗力をつけましょう。健康的なレベルを上げることが大事です。健康力の高い状態とは妊娠しやすい状態といえます。

不妊鍼灸の治療の効果を高める受け方のコツ

不妊鍼灸の治療の効果を高める受け方のコツの画像

不妊鍼灸の効果を高める受け方のコツ

快適に鍼灸を受ける。思ったことは言ってみる。当たり前と思いますか?意外と思う方もいらっしゃるかもしれません。ちょっとしたことですが、案外大きな差となってきます。

冬の冷えと不妊鍼灸「冬は妊娠率が落ちますか?」 

冬の冷えと不妊鍼灸「冬は妊娠率が落ちますか?」 の画像

冬は妊娠しにくいですか?

「冬は妊娠率が落ちるのでしょうか?」冬だからといっても「妊娠しやすい身体」の準備ができていれば、妊娠率が落ちることはありません。厚生労働省の月別に見た出生率を調べてみても、その差はほとんどありません。一番大事なことは「身体が妊娠の準備が出来ているか」ということ。