流産しない身体づくり。本当に考えるべき不妊鍼灸。

流産しない身体づくり。本当に考えるべき不妊鍼灸。

妊娠数250人目標?

ベッド2床で行うのも去年まで。

今年からはベッド5床で心機一転、もっと新宿駅に近い場所で鍼療します。

 

そこで2013年の妊娠数の結果について考えてみました。

 

結果は101人。

 

ベッド1床あたりの妊娠された患者さまは50.5人でした。

 

5床だと単純計算で妊娠数250人となりますが、スタッフを募集しないといけません。

今年は院内の体制をしっかり整えます。

流産しない身体づくり

いつも思うことがあります。

妊娠数って1番大事なものなのか。と。

 

妊娠された患者様の不安は、

「無事出産できるな」と、

いざ出産が終わるまで、ずっと不安です。

 

だから私は、流産しない身体づくり、ご出産まで意識した身体づくりが一番大事だと強く思います。

 

ネガティブなワードなのであまり使いたくありませんが、

流産をどれだけ抑えられるか。

ということです。

 

一般的に

35歳の流産率は約20%

40歳の流産率は約40%

といわれます。

 

当院の2013年までの流産率は22.17%でした。

(※2019年時点では18.63%。未報告もあるはずなので実際は少し高くなると思われます。)

 

染色体の問題など、鍼では何もできない部分があります。

 

大事なことは、東洋医学の専門家として何ができることなのか知ること。

 

流産を鍼灸古典から考える

東洋医学の古典では、流産しやすい脈や身体の状態のことが書かれています。

 

2つ例に出すと、

 

弦脈

婦人経断じて躯あるも、その脉弦なるは、後必ず大いに下り、胎を成さず。

弦は、肝脉なり。肝は疏泄を主る。今弦を見(あらわ)せば、則ち肝木太過、血を蔵することあたわず。『診家正眼』

→弦脈が出ていると血が蔵することができなくて流産してしまう。

 

散脈

産は生兆となし、胎は墮となし、妊娠中のときは流産の兆しとし… 『瀕湖脈学』

→出産する婦人がこの脉が現れるのは生きる。妊娠中の婦人がこの脉が現れるのは流産する

 

これは身体と脈が合ってないならば予後が悪いのです。

妊娠前から身体と脈が合うようにすると良い。

 

もっと具体的に考えると、脈と季節が合った体にすると良いのです。

 

不妊鍼灸専門だからできること

このように

流産しやすい身体が事実としてあります。

 

これを踏まえると、鍼灸では妊娠前から流産しにくい身体づくりが可能になる。

人間本来が持つ「生命力の強化」をする鍼(ヤジロベー理論)がそあら鍼灸院の治療です。

 

できることとできないことがあるのは事実ですが、そのための不妊鍼灸が大事だと思います。

 

 

 

不安なことが多い不妊治療だと思います。

 

妊娠・ご出産に向けて

「妊娠しやすい身体づくり」

「流産しにくい身体づくり」

を鍼灸の見地から、微力ながらサポートさせていただきます。

■■■■♩ *・♪*・+ ♫【妊娠脈づくりの専門家による そあら不妊鍼灸ブログ】+♬* *・+♪◆◆◆◆

・クリニックでの治療状況・西洋医学的な状況を把握し、妊娠しやすい身体づくりのサポートをします。
クリニック選びは結果を左右するほど重要です。大事なことはあなたに合ったクリニックで治療ができること。
 必要に応じ適切なクリニックの情報提供・ご提案をいたします。
「体と心の緊張緩和・発散」がコツ。個室でリラックス。「話ができる」ってとても重要だと思います。
 話しにくいことも話しやすい環境づくりを心がけております。
・ご相談はどんな些細なことでもお電話、LINEで承ります。私たちの知りえること、何ができるかなど誠心誠意お答えします。

【Twitter】

【YouTube】

【インスタグラム】

東京都新宿区西新宿7-13-7 タカラビル2F

◆◆◆◆+♬* *・+♪・♪*・+ ♫♩・♪**・+ ♫* *・+♪・♪*・+ *・・+ ♫* *・+♪・♪*・+ ♫■■■■

友だち追加
ブックマークに追加
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加