冬の冷えと不妊鍼灸「冬は妊娠率が落ちますか?」 

冬は妊娠しにくいですか?

冬は妊娠しにくい?

「冬は妊娠しにくいでしょうか?」と質問されることがあります。

冬に移植を考えている方は、

冬の冷える時期に移植をしても、

着床しにくいのではないかと心配になってしまいますよね。

 

 

本来は、冬だからといっても妊娠率が落ちることはありません。

 

基本的に季節による差はありません。

 

 

厚生労働省の月別に見た出生率を調べてみても、その差はほとんどありません。

実際に周りの方の誕生日に偏りはないのではないでしょうか?

 

 

「妊娠しやすい身体づくり」がしっかりできていれば、

真冬でも移植してまったく問題ないと考えます。

 

 

冬だからといって着床しにくくなることはありませんが、

ただ一つ!!

 

 

寒さによって身体がとても冷えてしまっている場合はよくありません。

 

冷える冬

冷えが悪い影響を与える場合


本来は冬の寒さも必要なものです。

 

 

しかし、人によっては季節などの外的要因や、

食べ物などの生活習慣によって悪い影響を受けてしまう場合があるからです。

(参考:「呼吸器疾患」講義 妊活にも共通するツボ選びのコツ 東洋医学的な病気の原因についての内容があります)

 

 

寒さによって身体が冷えてしまっても(一時的な冷えは誰にでもあるので大丈夫です)、

良い状態であればまた段々温まってきます。

 

 

一度冷えると、そこから全然温まらないということはないでしょうか?

 

 

その場合はまだ身体づくりが十分ではないかもしれません。

 

 

身体が冷えていると循環も悪くなり、子宮も冷たい状態です。

 

 

温まる力が足りない場合は冷えっぱなしの状態になってしまうからです。

 

身体の準備が整えば大丈夫

冷えが温まる手

大事なことは妊娠の準備ができているか」ということ。

足が冷えなくなってきた、

お腹が温かくて柔らかくなってきた、

というように変わってくれば

簡単には寒さ、冷房や冷飲食などによる悪い影響は受けないので安心してください。

 

 

それであれば真冬であっても、冷えによって妊娠いにくいということはありません。

寒さに負けない体づくりをしていきましょう!!

■■♪*【そあらメソッド 妊娠しやすい身体づくりの方式*・◆◆
〔①不妊鍼灸×②不妊カウンセリング×③自宅妊活(セルフケア)
この記事は
①不妊鍼灸
の内容となります。

東京都新宿区西新宿7-13-7 タカラビル2F

◆◆* *・+♪・♫♩・♪**・+  *・♫・+ *・+♪・♪*■■

ブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

関連記事

流産しない身体づくり。本当に考えるべき不妊鍼灸。

流産しない身体づくり。本当に考えるべき不妊鍼灸。の画像

流産しない身体づくり。本当に考えるべき不妊鍼灸。

出産までは不安の連続。ゴールは妊娠ではなくご出産だからです。伝統的な鍼灸では生命力のある状態を「胃の気」のある脈として診ていました。この生命力のある脈になれるよう身体づくりをすることが、流産しにくい本当に大事な不妊鍼灸だと考えています。

不妊鍼灸の治療の効果を高める受け方のコツ

不妊鍼灸の治療の効果を高める受け方のコツの画像

不妊鍼灸の効果を高める受け方のコツ

快適に鍼灸を受ける。思ったことは言ってみる。当たり前と思いますか?意外と思う方もいらっしゃるかもしれません。ちょっとしたことですが、案外大きな差となってきます。

真夏は妊娠しにくい?「真夏は妊娠率が下がりますか?」真夏と不妊鍼灸

真夏は妊娠しにくい?「真夏は妊娠率が下がりますか?」真夏と不妊鍼灸の画像

真夏は妊娠しにくくなりますか?

真夏で暑すぎると妊娠しにくくなってしまうのでしょうか?真夏でも妊娠しにくくなるということはありません。しかし暑さで体調が悪くなるなど悪い影響を受けている場合はしっかりと体を回復させてゆくべきです。原則としては「身体の内側がしっかりしていれば、外からの影響を大きく受けないので問題ありません」