自宅でするへそ灸の効果「へそ灸が不妊にいいって本当ですか?」

自宅でするへそ灸の効果!「へそ灸が不妊にいいって本当ですか?」

「へそ灸が不妊にいいって本当ですか?」

「動画を見たのですが、自宅でもできるのですか?」

お電話でお問い合わせがありました。

 

そあら鍼灸院ではご自宅でするへそ灸を勧めています。

 

まず自宅でできるお灸はどのようなものがあるのでしょうか。

1.台座のあるお灸

2.へそ箱灸(もぐさを直接燃やすタイプ。当院で行っているへそ灸を安全にご自宅でできるように改良したもの。熱くはありません。気持ちいい程度。時間は約2~3数分)

3.太陽(煙の出ない貼るタイプのお灸。持続時間3時間程度。移植後や妊娠中はしません。)

4.桐灰のへそ灸(レンジで温めて置くだけのお手軽なもの。桐灰というメーカーが出している。取り扱うまでの交渉の経緯「レンジでチンだけ妊活アイテム 煙の出ない「へそ灸」取り扱い開始

5.つわり、逆子灸、安産灸、陣痛促進の直接灸(直接もぐさを燃やします。安産灸以外は少し熱い)

等があります。

 

 

 

そあら鍼灸院で行う鍼治療は、妊娠しやすい身体づくりとして「妊娠脈づくり」の鍼を行います。

 

そしてベースアップとして、そあら一押しの「へそ箱灸」を行います。

 

へそ灸は、不妊や生理痛、胃腸症状、泌尿器系の症状、虚弱体質、冷え性、自律神経の失調、慢性疲労、ストレスなどに効果的です。

 

 

おへそを温めることは不妊治療にはぜひ取り入れたいツボです。

 

時間は数分です。継続してへそ灸をすることで効果を発揮します。

ちょっとしたお腹の硬さ位なら、このお灸の力だけで取れてしまうことさえあります。

 

自宅用のへそ灸は濡らしたコットンを箱の底に敷くのでそこまで燃えたら消えます。

燃えているお灸を取ることもないので怖くないです。

 

 

このへそ灸は数分で終わるため安心してご利用いただけます。

移植後も妊娠中もできます。

(ただし太陽をへそに貼ることに関しては、持続時間が長いため当院ではしておりません。)

 

1の台座のお灸は妊娠脈作りの鍼と併用してご自宅でおススメしています。

身体の状態やクリニックの治療状況を踏まえて、

毎回の治療の最後に最適なツボに印を付け変えています。

 

 

治療中にもおへそにお灸は行いますが、

ご自宅でお灸を行っていただくことで、お腹の奥まで熱が浸透し身体づくりの大きな補助になります!

■■■■♩ *・♪*・+ ♫【妊娠脈づくりの専門家による そあら不妊鍼灸ブログ】+♬* *・+♪◆◆◆◆

・クリニックでの治療状況・西洋医学的な状況を把握し、妊娠しやすい身体づくりのサポートをします。
クリニック選びは結果を左右するほど重要です。大事なことはあなたに合ったクリニックで治療ができること。
 必要に応じ適切なクリニックの情報提供・ご提案をいたします。
「体と心の緊張緩和・発散」がコツ。個室でリラックス。「話ができる」ってとても重要だと思います。
 話しにくいことも話しやすい環境づくりを心がけております。
・ご相談はどんな些細なことでもお電話、LINEで承ります。私たちの知りえること、何ができるかなど誠心誠意お答えします。

【Twitter】

【YouTube】

【インスタグラム】

東京都新宿区西新宿7-13-7 タカラビル2F

◆◆◆◆+♬* *・+♪・♪*・+ ♫♩・♪**・+ ♫* *・+♪・♪*・+ *・・+ ♫* *・+♪・♪*・+ ♫■■■■

友だち追加
ブックマークに追加
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加