着床は卵の質以外の要素は関係しないのですか?

着床するはの卵の質以外の要素は関係しないのですか?

着床に関して卵の質が重要なことは間違い


着床についての質問

今日患者さんから質問がありました。

移植したときに、「着床するかどうかは卵の質で決まる」と言われました。

 

「卵の質以外の要素は関係しないのですか?」

(過去に妊娠週数がわりと進んでいるところまでいっていた経験、

卵の質を重視している病院での移植だった、

過去に別の病院での検診で、

お腹の血流が悪と言われたことがあったために、

卵の質以外にも要素があるのではないかと思い出た質問です)

 

 

着床に関して卵の質が重要なのは間違いありません。

 

しかしそれ以外の要素も関わってきます。

 

 

例えば子宮環境

 

これはホルモン値や内膜の厚さが関係します。

 

移植できる子宮環境としては、

ホルモン値や内膜の厚さをクリアする必要があります。

 

しかし着床のメカニズムは明確になっていないため、

詳細な検査といっても病院によって対応はそれぞれです。

 

※繰り返し着床しない時には、

これ以上の詳細な検査をする事もあります

2019年時点では慢性子宮内膜炎の検査やERA(エラ)、EMMA(エマ)、ALICE(アリス)検査などを行う}。

 

鍼灸で冷えを解消し血流を促して内膜を厚くさせて、ホルモンバランスを整える

鍼灸で冷えを解消し血流を促して内膜を厚くさせて、

ホルモンバランスを整えることは効果的でしょう。

 

 

内膜やホルモン値等の基本的な要件をクリアしていたとして、

当院では他にこんなことを考えています。

 


そあらの行う着床鍼灸の考え -東洋医学の視点だからできるサポートをします-


「脈とお腹が柔らかくふっくらしていて弾力がある」

そんなお腹になると、うまくいく率が高くなる。

 

 

そもそもまず妊娠しやすい状態とはどういう状態か?

 

東洋医学では妊娠している脈というものがあります。

「妊娠しやすい状態とは、この妊娠しやすい脈に近づくこと」。

 

そして脈の状態とお腹の状態は一緒です。

 

脈が堅ければお腹も堅い。

妊娠中の脈になっていれば、

妊娠中のお腹です。

 

妊娠しやすい脈は、

妊娠しやすいお腹

つまり「お腹の状態が柔らかくふっくらしていて弾力がある」状態です。

 

これが内膜の厚さと、

ホルモン値をクリアした上で、

着床率を上げるための妊娠しやすい身体づくりと考えられます。

 

■■♪*【そあらメソッド 妊娠しやすい身体づくりの方式*・◆◆
〔①不妊鍼灸×②不妊カウンセリング×③自宅妊活(セルフケア)
この記事は
①不妊鍼灸
の内容となります。

東京都新宿区西新宿7-13-7 タカラビル2F

◆◆* *・+♪・♫♩・♪**・+  *・♫・+ *・+♪・♪*■■

ブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

関連記事

子宮収縮と着床 そして胚盤胞移植直前の鍼灸 

子宮収縮と着床 そして胚盤胞移植直前の鍼灸 の画像

着床鍼灸 子宮収縮と着床-胚盤胞のハッチングと内膜とのやり取りを考える-

移植までに子宮環境を良くする(脈・お腹の柔らかく弾力のある状態)。週1回のペースでこの状態になるよう治療します。人により違いますが、数ヶ月程度かかります。その上で、胚盤胞移植の場合は移植直前の鍼灸を最後の仕上げの治療としています。

脈診による不妊鍼灸で子宮環境の改善 

脈診による不妊鍼灸で子宮環境の改善 の画像

脈診による不妊鍼灸で子宮環境の改善 

自然妊娠希望で来院されて、中には一周期(約1~4回の治療回数)で妊娠される方がいます。質の良い卵子が出てくる準備は時間がかかりますが、子宮環境の改善は早いことがあるからです。

グレードに振り回されていませんか?

グレードに振り回されていませんか?の画像

受精卵のグレードに振り回されていませんか?

不安から起こす行動ではなく未来を信じて行動を起こすことは、発する言葉が変わり、思考が変わり未来をも変える力があります。まずは今までの自分を褒めてあげましょう。そして自分を労わってあげる時間を持つ事で、胚にとっても心地よい環境となるでしょう。