脈診による不妊鍼灸で子宮環境の改善 

脈診による不妊鍼灸で子宮環境の改善 

質の良い卵子が出てくる準備は時間がかかりますが、

子宮環境の改善は早いことがあります。

 

自然妊娠希望で来院されて、

中には一周期(約1~4回の治療回数)で妊娠される方がいます。

 

それは、「内膜(子宮環境)に問題がありそうだな」と脈診をして感じた場合です。

 

脈診で内膜に問題がありそうとみても、

病院で「内膜が薄い」等異常は指摘されるわけでもなく、

内膜の厚さも充分な方が多いです。

 


そもそも脈診では形の状態を診察するわけではなく、

「働き」を感じ取ります。

 

脈診は元々目に見えないものを調べているので、

分かるものも目に見えない「働き・機能」というわけです。


 

「一見子宮環境は良さそうなのに、なぜか今まで妊娠しなかった。

けど、来院されてすぐに妊娠することができた。」パターンです。

どのような方が、何も問題なさそうなのに、

子宮環境が悪そうだと判断し、改善したらすぐうまくいったのか?

 



実例ですが、

具体的には、ギターの弦のような硬めの脈をうっている方がいます。

 

「気」のスムーズさがなく、血(血液)や子宮に問題がありそうだなと推測します。

こういう場合は生理痛や生理不順なんかもあったりします。

 

東洋医学的に考えれば、「内膜に問題あるかも」となるわけです。

この弦脈という硬めの脈が、治療で柔らかくなると、

「気」のスムーズさが出てきて「働き」がよくなります。

 

上記のような症状が、弦脈がとれたことで改善方向に向かうと

子宮の状態も改善されてきます。

(改善したかどうかは脈やお腹を診て判断します)。

 

 

卵巣機能から根本的にアプローチする場合は、

もう少し時間を要しますが、

子宮環境を改善だけの場合は、

このように一周期で妊娠することがあります。

 

 

実際には卵巣の状態(卵巣年齢)が非常に大きな要素として関わってくるので、

併せて考えることが重要です。

 

■■♪*【そあら式 妊娠しやすい身体づくりの方式*・◆◆
数万例超の臨床実績から導き出した、結果が出るノウハウたっぷりの方式
〔①不妊鍼灸×②不妊カウンセリング×③セルフケア
この記事は
①不妊鍼灸
の内容となります。

【Twitter】

【初診のご予約はこちらから】

東京都新宿区西新宿7-13-7 タカラビル2F

◆◆* *・+♪・♫♩・♪**・+  *・♫・+ *・+♪・♪*■■

ブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

関連記事

子宮収縮と着床 そして胚盤胞移植直前の鍼灸 

子宮収縮と着床 そして胚盤胞移植直前の鍼灸 の画像

着床鍼灸 子宮収縮と着床-胚盤胞のハッチングと内膜とのやり取りを考える-

移植までに子宮環境を良くする(脈・お腹の柔らかく弾力のある状態)。週1回のペースでこの状態になるよう治療します。人により違いますが、数ヶ月程度かかります。その上で、胚盤胞移植の場合は移植直前の鍼灸を最後の仕上げの治療としています。

着床は卵の質以外の要素は関係しないのですか?

着床は卵の質以外の要素は関係しないのですか?の画像

着床するはの卵の質以外の要素は関係しないのですか?

ホルモン値が良くても、内膜の厚さが良くても、何故か毎回着床しないこともある。そういう時はもしかしたら東洋医学的な体を考えると解決法が見いだせるかもしれません。それは脈とお腹がヒントになる!

グレードに振り回されていませんか?

グレードに振り回されていませんか?の画像

受精卵のグレードに振り回されていませんか?

不安から起こす行動ではなく未来を信じて行動を起こすことは、発する言葉が変わり、思考が変わり未来をも変える力があります。まずは今までの自分を褒めてあげましょう。そして自分を労わってあげる時間を持つ事で、胚にとっても心地よい環境となるでしょう。