AIHと円錐切除術 子宮頚ガン不妊鍼灸

円錐切除術と妊娠 人工授精(AIH)の有用性は?

子宮頸癌の好発年齢は30~40歳代です。

進行が初期段階であり、妊娠をご希望されている方の場合は処置・検査として円錐切除術を行う事が多いです。

当院にいらっしゃる患者様でも円錐切除術を受けられた方はいらっしゃいますが、1点注意しなくてはならない事があります。

それは円錐切除術を受けられた方の中には子宮頸管粘液が出にくくなる可能性がある、という事です。

自然妊娠を希望されている方にとって頸管粘液の状態は非常に大事です。

頸管粘液の状態が悪いと子宮頸管部に精子が通りにくくなり、卵子と精子が出会いにくくなってしまいます。

その為円錐切除術をされた事のある方で、なかなか妊娠されない場合人工授精が有効な事があります。

人工授精で子宮内に直接精子を注入する事で卵子と精子が出会いやすくなるからです。

もちろん円錐切除術を行った方でも自然妊娠される方は多くいらっしゃいます。

ただし、何周期も排卵に合わせてタイミングをとっても妊娠されない場合は円錐切除術の影響かもしれません。その際人工授精も視野にいれる必要があります。

しっかりといい卵を育て、フカフカな子宮内膜を育てていく。総合的に体を整えていく事で妊娠力をつけていく事が大事になります。

鍼灸治療はその総合的なお体づくりのお手伝いをさせて頂きます。

そあら鍼灸院

友だち追加
ブックマークに追加
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加