エンブリオグルーの着床率や効果は?胚移植用培養液

エンブリオグルーの着床率や効果は?胚移植用培養液

エンブリオ・グルー(Embryo Glue)とは、体外受精において、胚移植に使われる培養液の名称です。

 

現在、着床障害に対する新しい治療法として注目されています。

 

培養液というと、受精卵の分割に使われるイメージですよね。

 

 

ここでいう胚移植用培養液というのは、

胚を子宮に戻すために少量の培養液と共に移植するのに必要なものです。

 

 


エンブリオ・グルーの特長


エンブリオ・グルーの特長はヒアルロン酸が豊富な事。

 

ヒアルロン酸は卵胞液、

子宮内膜にも自然に存在するものです。

 

化粧品を思い浮かべると分かりやすいのですが、

ヒアルロン酸はベタベタしていて粘液性があります。

 

 

これを利用して胚の子宮内膜への接着効果、

胚移植時の物理的外圧からの保護効果があるとされています。

 

 

またエンブリオ・グルーはFDA(米国食品医薬品局)に認可されており、

子宮・受精卵への悪影響はないとされています。

 


エンブリオ・グルーの効果


エンブリオ・グルーの効果については様々な論文が発表されています。

 

「妊娠率はエンブリオ・グルー(以下EG)(+)群42.6%、EG(-)群36.9%であり、有意差を認めないものの、EG(+)群の方が高値を示した。38歳以上の周期においてEG(+)群の妊娠率はさらに上昇する傾向が見られた。」

ASKAレディースクリニック 日本生殖医学会雑誌57巻4号より

 

「両郡間における妊娠率(35.0%vs35.1%)、流産率(27.3%vs19.0%)に有意な差は認められなかった。」(*前者がEG(+)群、後者がEG(-)群)

神奈川レディースクリニック 日本生殖医学会雑誌57巻4号より

 

「EmbryoGlueは、IVF-ETの中の胚着床を促進し、子宮外妊娠の発生を縮小することができます。」

Zhonghua Fu Chan Ke Za Zhi.2012 Feb;47(2):121-4.

[Influence of EmbryoGlue on the implantation of embryo and pregnancy outcome in vitro fertilization-embryo transfer].

 

 

■■■■♩ *・♪*・+ ♫【妊娠脈づくりの専門家による そあら不妊鍼灸ブログ】+♬* *・+♪◆◆◆◆

・クリニックでの治療状況・西洋医学的な状況を把握し、妊娠しやすい身体づくりのサポートをします。
クリニック選びは結果を左右するほど重要です。大事なことはあなたに合ったクリニックで治療ができること。
 必要に応じ適切なクリニックの情報提供・ご提案をいたします。
「体と心の緊張緩和・発散」がコツ。個室でリラックス。「話ができる」ってとても重要だと思います。
 話しにくいことも話しやすい環境づくりを心がけております。
・ご相談はどんな些細なことでもお電話、LINEで承ります。私たちの知りえること、何ができるかなど誠心誠意お答えします。

【Twitter】

【YouTube】

【インスタグラム】

東京都新宿区西新宿7-13-7 タカラビル2F

◆◆◆◆+♬* *・+♪・♪*・+ ♫♩・♪**・+ ♫* *・+♪・♪*・+ *・・+ ♫* *・+♪・♪*・+ ♫■■■■

ブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

関連記事

排卵誘発剤の使い方 卵巣刺激で複数卵胞を育てる(主に採卵で)

排卵誘発剤の使い方  卵巣刺激で複数卵胞を育てる(主に採卵で)の画像

排卵誘発剤の使い方 卵巣刺激で複数卵胞を育てる(主に採卵で)

排卵誘発剤は主に採卵で複数卵胞を育てる目的で使います。①クロミッドなどの飲み薬を服用しながら2~3個の卵胞を育て採卵する方法。②注射を使いたくさん刺激をして採卵をする方法。それぞれのメリットデメリットとは!そして鍼灸の効能について。

排卵誘発剤の使い方 排卵障害の排卵誘発剤使用例 排卵まで40日以上で自然妊娠

排卵誘発剤の使い方 排卵障害の排卵誘発剤使用例 排卵まで40日以上で自然妊娠の画像

排卵誘発剤の使い方 排卵障害の排卵誘発剤使用例

排卵誘発剤は①排卵障害のため排卵をさせる目的で使う場合②排卵はするが、複数卵胞を育てる目的で使う場合があります。肝心なことは質の良い卵子が排卵されることです。

デュファストン基礎体温上がらない?ルトラール基礎体温上がる?

デュファストン基礎体温上がらない?ルトラール基礎体温上がる?の画像

デュファストン基礎体温上がらない?ルトラール基礎体温上がる?

黄体ホルモン剤でもデュファストンには体温を上げる作用はなく、ルトラール・プロゲデポーには体温を上げる作用があります。鍼灸での対応は高温期安定のキーポイントは低温期。連続して安定した月経周期があることが改善の要点です。