通水検査・通気検査と卵管造影検査(HSG)との違い 

通水検査・通気検査と卵管造影検査(HSG)との違い 

卵管造影検査(HSG)・通水検査・通気検査の違いとは?


HSG

卵管は卵子と精子の通り道であり、受精卵を子宮に運ぶ働きがあります。

 

卵管の通過性は自然妊娠・人工授精の絶対条件となります。

 

その卵管の通過性をみる検査としての

卵管造影検査(HSG)

通水検査

通気検査

 

これらの検査はどう違うのでしょうか?

 

 

 

通水検査・通気検査とは

通水検査はを、

通気検査ではカテーテルから炭酸ガスを子宮から注入します。

 

卵管が通っていれば、水・炭酸ガスを入れる圧力は一定以上上がる事はありません。

 

しかし詰まりがあれば圧力が上がります。

つまり圧力の変化で卵管の通過性が分かります。

 

通気検査・通水検査共に卵管造影に比べて被爆量が少なくなるという利点もあります。

通水検査では卵管の軽度の癒着を改善する効果があるとも言われています。

 

卵管造影検査とは

卵管造影検査はカテーテルを通して子宮から造影剤を注入します。

 

造影剤が子宮→卵管→腹腔内に流れ出す所をX線で撮影します。

 

卵管がきちんと通っていれば造影剤が卵管采から腹腔内に飛び散ります。

卵管に詰まっている所があると、詰まった先が写らないためどこで詰まっているか把握できます。

 

卵管造影に使われる造影剤には油性水性があります。

 

油性の方が痛みは少なく、卵管の通過をよくする効果も高いとされています。

その為、油性の方が検査後の妊娠率の高いと言われています。

 

しかし油性の造影剤は体に残りやすく、吸収されるまでに時間がかかります。

吸収されるまでの間にレントゲン検査を行った場合造影剤が邪魔になるという欠点もあります。

 

水性の造影剤は検査を行った日の内に尿として排出される利点があります。

 

ここまで比べてみると卵管造影ではX線での観察があるため通水・通気検査に比べると分かる事が多数あります。

 

卵管造影は単純に卵管の通過性だけでなく、

子宮の形状・通過性の程度、卵管周囲の癒着の推測、卵管水腫の有無などが分かります。

 

同じ卵管の通過性を調べる検査ですが、分かる情報・得られる物が大分変わっていきます。

これから検査を受けられる方は是非参考になさってください。

 

 

■■■■♩ *・♪*・+ ♫【妊娠脈づくりの専門家による そあら不妊鍼灸ブログ】+♬* *・+♪◆◆◆◆

・クリニックでの治療状況・西洋医学的な状況を把握し、妊娠しやすい身体づくりのサポートをします。
クリニック選びは結果を左右するほど重要です。大事なことはあなたに合ったクリニックで治療ができること。
 必要に応じ適切なクリニックの情報提供・ご提案をいたします。
「体と心の緊張緩和・発散」がコツ。個室でリラックス。「話ができる」ってとても重要だと思います。
 話しにくいことも話しやすい環境づくりを心がけております。
・ご相談はどんな些細なことでもお電話、LINEで承ります。私たちの知りえること、何ができるかなど誠心誠意お答えします。

【Twitter】

【YouTube】

【インスタグラム】

東京都新宿区西新宿7-13-7 タカラビル2F

◆◆◆◆+♬* *・+♪・♪*・+ ♫♩・♪**・+ ♫* *・+♪・♪*・+ *・・+ ♫* *・+♪・♪*・+ ♫■■■■

ブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

関連記事

難治性着床不全に対する検査~Th1/Th2比検査~

難治性着床不全に対する検査~Th1/Th2比検査~の画像

難治性着床不全に対する検査~Th1/Th2比検査~

何度移植しても着床しない方を対象にTh1/Th2比検査をすることがあります。Th1/Th2比が高い場合、受精卵を異物として拒絶してしまっていると考えられ、その作用を抑えるためプログラフ(タクロリムス)を服用します。

甲状腺と不妊 甲状腺ホルモン(FT4,FT3)甲状腺刺激ホルモン(TSH)は検査済み?

甲状腺と不妊 甲状腺ホルモン(FT4,FT3)甲状腺刺激ホルモン(TSH)は検査済み?の画像

甲状腺と不妊 甲状腺ホルモン(FT4,FT3)甲状腺刺激ホルモン(TSH)は検査済み?

甲状腺ホルモンは不妊だけでなく、流産、出産と関わりの深いものです。無症状のことも多く検査をして初めて数値の異常が分かることも。早めに検査をして状況を知っておきましょう。

基礎体温で排卵日がいつか予測できる?

基礎体温で排卵日がいつか予測できる?の画像

基礎体温で排卵日がいつか予測できる?

基礎体温だけで排卵日の特定は困難です。排卵日を細かく特定したい場合は基礎体温だけでなく、排卵チェッカーやおりものの変化などを合わせて併用するといいでしょう。病院で診てもらえば更に精度が高まります。ホルモンの状態を知る上では基礎体温をつけることが有用です。