熱中症予防の妊活料理-夏で体が熱いときに-【妊活薬膳そあらごはん】

熱中症予防の妊活料理-熱を冷まし身体に潤いを-【妊活薬膳そあらごはん】

熱中症予防が妊活になる!?

こんにちは!

そあらごはん担当の国際薬膳師 磯野です!

9月に入り、やっと少し過ごしやすくなりましたが

まだまだ日中は暑いですよね。。

今回、こんな暑い時期にぴったりな妊活薬膳料理を作ってみました!

その名も『トマトと豆乳の冷製スープ』!

この料理は、

・身体が火照りやすい

・喉が渇きやすい

・肌トラブルが起きやすい

・最近便が固く、便秘気味

・浮腫みやすい

・熱中症にかかりやすい

などの方にオススメです!

湿度・温度が高く続くと身体の熱を上手く発散できないことで熱中症になりやすく、

汗を沢山かくことでエネルギーを消耗し身体がカラカラ状態になってしまうことで

便秘やお肌のトラブルの原因になります。

 

余分に溜まった熱を発散し、身体を潤してくれることが妊活をしていく上での身体作りに繋がります!

今回、まだまだ油断できない熱中症を予防してくれるような薬膳料理を考えました!

 



今回は、トマトと豆乳をメインに作っていきます!

トマトは余分な熱を取り、のどの渇きを潤す働きがあり、

また豆乳はしっかりと身体を潤し、体温調節を整え便秘解消、美肌効果もあります!

また、玉ねぎを入れる事で身体を動かすエネルギーの流れを良くし、

オクラをいれることで、胃腸を整え消化を促進してくれます!

 



最初にトマト、玉ねぎ、オクラをカットしていきます。

 



まずは玉ねぎを角切りにカットしていきます。

後でミキサーにかけるので大きさはこだわらなくて大丈夫です!

 

 



トマトもそれぞれ角切りにカットします。

トマトもミキサーにかけるので適当な大きさでokです!

※ミキサーがない方はなるべく細かく切り、他の材料と合わせてスープにしてお召し上がりください!

 

 

 



次にオクラを塩洗いし、

耐熱皿に入れ500wで1分30秒温めます。

 

 



オクラに熱が通ったら適当な大きさ(約5㎜ずつ)にカットしていきます。

※オクラは最後スープの上にのせるので、粗熱がとれるまで置いておきます。

 

 

 



次に切っておいた玉ねぎを炒めます。

フライパンが温まった状態で油とカットした玉ねぎを入れ中火で約4分間きつね色になるまで炒めます。

炒めたら、粗熱が取れるまで炒めていきます!

 

 



ミキサーに切ったトマト、炒めた玉ねぎ、豆乳、粉末のコンソメ、塩を入れ

強で(ご自宅にあるミキサーで合わせて下さい。)20~30秒ミキサーにかけて下さい。

 

 



この写真の様にドロドロのスープが出来るので、一度味を確かめていただき

薄いなと感じたら塩とコンソメを少し足して味を整えていただいてもOKです!

 

 

※身体が冷えやすい、冷房によって冷えてしまった方はこのままお鍋に移し温めたものをお召し上がりください。

トマトは温めると冷やす作用が落ちついて、血行を促す効果が高まってくれるので冷え性の方にはおススメです!



出来たスープを器に盛りつけ、白ごまとオクラを盛りつけたら完成です!

トマトの酸味が程よくあり、汗を沢山かいてしまうようなこの時期にぴったりなスープです!

是非ご自宅でも作ってみて下さい!

当院のYouTubeでも作り方の紹介をしておりますので、ご興味のある方はチェックしてみて下さい!☟☟

https://www.youtube.com/watch?v=m5_F_BxFKyw

 

おまけ

ちなみにYouTubeを実家の母がみてくれたのですが、スープの見た目が悪いと言われてしまいました。(笑)

今後はインスタ映えする妊活薬膳料理を目指していきたいと思っております!

 

■■♪*【そあらメソッド 妊娠しやすい身体づくりの方式*・◆◆
〔①不妊鍼灸×②不妊カウンセリング×③自宅妊活(セルフケア)
この記事は
③自宅妊活(セルフケア)
の内容となります。

東京都新宿区西新宿7-13-7 タカラビル2F

◆◆* *・+♪・♫♩・♪**・+  *・♫・+ *・+♪・♪*■■

ブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る