妊婦さんが腰痛で湿布を使ってよいか?

妊婦さんが腰痛で湿布を使ってよいか?

腰痛の妊婦さんに注意が必要な湿布薬


妊婦さんの腰痛

お腹が大きくなるにつれて、腰痛に悩まされる妊婦さんは多くいらっしゃいます。

 

腰痛には湿布を…と考えるでしょうが、1点注意が必要です。

 

厚生労働省から

「妊娠後期の妊婦さんがケトプロフェンを含む外皮用剤(湿布など皮膚につける薬)の使用で羊水過少症や胎児動脈管収縮などの副作用が表れる」という報告がされました。

 

ケトプロフェンが含まれる外皮用剤というと「モーラステープ」という湿布薬が挙げられます。

整形外科などでよく処方される湿布薬です。

 

湿布薬なら使っても大丈夫だろうと考えがちですが、注意が必要です。

 

 

妊婦さんの腰痛は多い症状


腰痛の妊婦さんへ鍼灸

鍼灸治療の中で腰痛は最もメジャーな症例です。

 

妊活の鍼灸から、そのまま妊娠中の鍼灸を正産期まで通われる患者さんが多くおられます。

そうすると、妊娠中に腰痛が出てくる患者さんもいらっしゃいます。

 

妊娠中は痛み止めなどの薬も安易に使えません。

また、「知らない治療院に行くのも躊躇する」とよく耳にします。

 

妊娠中の身体は、妊娠前とは違います。

妊娠中であることを考慮して治療を進める必要があります。

 

当院では安産治療に合わせて腰痛治療も行っておりますので、合わせてご相談ください。

 

http://www1.mhlw.go.jp/kinkyu/iyaku_j/iyaku_j/anzenseijyouhou/312.pdf#search=’%E5%8E%9A%E7%94%9F%E5%8A%B4%E5%83%8D%E7%9C%81+%E3%82%B1%E3%83%88%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%B3

そあら鍼灸院 妊娠中の治療の手順(週数に応じた治療の手順と注意事項について書いてあるページ)

 

■■♪*♪【「刺さない鍼」の妊娠中も安心の鍼灸】♪*・◆◆

妊娠中の身体は、妊娠前とは違います。

妊娠中であることを考慮して慎重・丁寧に。

【Twitter】

 

【初診のご予約はこちらから】

東京都新宿区西新宿7-13-7 タカラビル2F

◆◆* *・+♪・♫♩・♪**・+  *・♫・+ *・+♪・♪*■■

ブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

関連記事

逆子鍼灸再び!戻るが臍帯下垂で帝王切開?そして陣痛促進の鍼灸。

逆子鍼灸再び!戻るが臍帯下垂で帝王切開?そして陣痛促進の鍼灸。の画像

逆子鍼灸再び!戻るが臍帯下垂で帝王切開?そして陣痛促進の鍼灸。

逆子鍼灸で治った逆子でしたが、なんとまた戻ってしまう。よくあることです。なおったものの今度は臍帯下垂で帝王切開の可能性が。無事戻ったと思ったら予定日に産まれる兆候がなく陣痛促進の鍼灸へ。

妊娠初期に当帰芍薬散が有名ですが、切迫流産に良い漢方薬は?

妊娠初期に当帰芍薬散が有名ですが、切迫流産に良い漢方薬は?の画像

妊娠初期に当帰芍薬散が有名ですが、切迫流産に良い漢方薬は?

白朮散は流産をしかけた時によい漢方薬。子宮を温める作用があります。脈が沈んで細いような脈は流産しやすくなりますが、そのような方は妊娠する前から温経湯がよい。妊娠したけど、流産の心配がある場合に初めて白朮散が適応となります。

妊娠初期のつわり症状 気持ち悪さで吐かなくなった鍼灸治療例

妊娠初期のつわり症状 気持ち悪さで吐かなくなった鍼灸治療例の画像

妊娠初期のつわり症状 気持ち悪さで吐かなくなった鍼灸治療例

妊娠初期のつわりでとにかく気持ち悪く、口に食べ物を入れている時ときだけが幸せという症状で初診の患者様が来られました。鍼も初めてだったとのことですが、あまりのつらさに、できることはしてみたいとのこと。どのような治療をしたのか。自宅でできるつわりのお灸の動画もあります。ご覧ください。