着床後や妊娠初期に鍼灸をお勧めするしている理由 妊娠初期に鍼灸をしても流産しないのか?

着床後や妊娠初期に鍼灸をお勧めするしている理由

最近は妊娠初期の初診の方が増えてきました。

初診のご予約日までの3ヶ月間にご妊娠されて、そのままいらっしゃるパターンが増えたからです。

 

妊娠初期の一番不安定な時期に、初診にもかかわらずそのまま来ていただけることは大変嬉しいことです。

 

当院にいらした患者様に理由を聞いてみると、

  • 前回流産したから今回は身体づくりのために鍼をすることにした
  • 今後つわりや妊娠初期の諸症状が心配
  • 実際に現在つわりがある
  • 姉妹が不育症だった
  • あまり刺さない鍼だから妊娠中でもいいと思った

 

傾向をみてみると過去に鍼を受けた経験がある方や、刺さない鍼だから安心という方が多いようです。

 

妊娠初期の鍼灸治療



しかし今まで鍼をした経験がなく、

今は妊娠初期だという場合は不安に思うかもしれません。

鍼灸の業界では、

妊娠初期や妊娠中など、鍼灸師自身がよく分かっていない場合は治療しない方がいいという話を一度は聞くものです。

 

私も鍼灸の学生の頃に、その話を聞きました。

 

妊娠初期にはリスクの高いといわれるツボがあるのです。

しかし、何故ダメなのかという明確な根拠を聞いたことはありません。

 

余談ですが、中国では堕胎のために鍼をしたがほぼ失敗に終わったという報告があります。

なんとも恐ろしい実験があったものですよね。

 

流産の原因とは



初期の流産で一番多い原因は、受精卵の染色体の問題によるものです。

 

この場合は、着床してしばらくお腹の中で育つことができたとしても、

最終的にはほぼ流れてしまいます。

 

逆にいうと、染色体異常が原因の場合、

鍼灸で流産の防止をすることはできません。

  • 着床してすごく嬉しいけど、やっぱりこの先のことを考えると不安になってしまう。
  • 過去に流産をしてしまった経験があるから怖い。

このように感じてしまうのも無理はありません。

産まれてくるまでやっぱり不安はつきものです。

 

では鍼灸でできることは、どのようなことでしょうか。

 


妊娠初期の鍼灸治療の効果


妊娠初期の鍼灸の効果

①ストレスを緩和して血流の循環を良くし、流産のリスクを減らす

緊張状態になりすぎてしまうと、

交感神経が強く働いて血管が委縮して血流が悪くなります。

 

着床後は栄養が赤ちゃんにスムーズに運ばれる必要があります。

鍼灸は副交感神経が優位になりため血流の循環が良くなるので、

不安になりやすい方には特におすすめです。

 

心を和らげて緊張を緩和して血流の循環を良くし、

穏やかに次の通院日まで過ごせるようサポートします。

②出血に対しての治療

→原因のはっきりしない出血も多く安静にするしかないと言われますが、鍼灸治療では妊娠初期に限らず
不正出血に対して治療をすることはよくあります。

染色体異常が原因ではない場合は止まることも多いです。

③不育症に対しての治療 
→抗リン脂質抗体や血液凝固因子があるためアスピリンやへパリン療法を行いながら併用して鍼灸治療を受けられている方が多くいらっしゃいます。
免疫の問題も取りざたされますが、東洋医学では子宮を「胞」といって半分は父親由来である遺伝子の赤ちゃんを大切に育てる場所です。

その「胞」への気血を整え東洋医学的な観点からの鍼灸を行います。

 
④東洋医学的に流産しやすい状態に対しての身体づくり

→特に原因がみつからないため治療のしようがないと言われてしまう流産を何度も繰り返してしまう方がいらっしゃいます。

原因が見つからなくても、流産しやすいお腹や、良くない脈であるため流産してしまってもおかしくないなという状態のお身体はあると思います。

そのような方はとくに、妊娠する前までの身体づくりが重要だと考えます。

⑤つわりや妊娠初期の諸症状に対しての治療
→多くの方に現れるつわり。鍼ができない日も、ごじたっくでできるつわりのお灸の指導も致します。

「妊娠初期のつわり症状 気持ち悪さで吐かなくなった鍼灸治療例」

 

 

■■♪*♪【「刺さない鍼」の妊娠中も安心の鍼灸】♪*・◆◆

妊娠中の身体は、妊娠前とは違います。

妊娠中であることを考慮して慎重・丁寧に。

【Twitter】

 

【初診のご予約はこちらから】

東京都新宿区西新宿7-13-7 タカラビル2F

◆◆* *・+♪・♫♩・♪**・+  *・♫・+ *・+♪・♪*■■

ブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

関連記事

逆子鍼灸再び!戻るが臍帯下垂で帝王切開?そして陣痛促進の鍼灸。

逆子鍼灸再び!戻るが臍帯下垂で帝王切開?そして陣痛促進の鍼灸。の画像

逆子鍼灸再び!戻るが臍帯下垂で帝王切開?そして陣痛促進の鍼灸。

逆子鍼灸で治った逆子でしたが、なんとまた戻ってしまう。よくあることです。なおったものの今度は臍帯下垂で帝王切開の可能性が。無事戻ったと思ったら予定日に産まれる兆候がなく陣痛促進の鍼灸へ。

妊婦さんが腰痛で湿布を使ってよいか?

妊婦さんが腰痛で湿布を使ってよいか?の画像

妊婦さんが腰痛で湿布を使ってよいか?

厚生労働省から出された情報です。ケトプロフェンという成分が含まれる湿布薬は、胎児に重篤な副作用が現れることがあるので、妊娠後期の妊婦さんは今後使ってはならない!というものです。

妊娠初期に当帰芍薬散が有名ですが、切迫流産に良い漢方薬は?

妊娠初期に当帰芍薬散が有名ですが、切迫流産に良い漢方薬は?の画像

妊娠初期に当帰芍薬散が有名ですが、切迫流産に良い漢方薬は?

白朮散は流産をしかけた時によい漢方薬。子宮を温める作用があります。脈が沈んで細いような脈は流産しやすくなりますが、そのような方は妊娠する前から温経湯がよい。妊娠したけど、流産の心配がある場合に初めて白朮散が適応となります。