妊娠初期に当帰芍薬散が有名ですが、切迫流産に良い漢方薬は?

妊娠初期に当帰芍薬散が有名ですが、切迫流産に良い漢方薬は?

流産と鍼灸・漢方薬


妊娠初期

毎月ニ回、所属している鍼灸の研修会にスタッフ全員で参加しています。

今回の研修会は「鍼灸と漢方薬」についての講演がありました。

 

今回はその中で話題に出た、流産と鍼灸・漢方薬の話をまとめます。

 

白朮散は流産をしかけた時(切迫流産)によい漢方薬。

子宮を温める作用があります。

 

漢方薬も鍼灸も同じ理論なので、

漢方薬で○○という薬が出た場合、鍼灸で治療する場合はこういうツボを使うという様に考えることができます。

 

「白朮散を用いる場合は、冷えて流産しやすい方」というお話しがありました。

 

白朮散が適応する身体の状態は、脈はこんな感じで・・・というように薬の適応を考えます。

 

ということは白朮散が適応する場合は、

「鍼灸で考えるとこのようなツボを選ぶ」というように考えることができます。

 

例えば脈が沈んで細いような脈は流産しやすくなります

そのような方は妊娠する前から温経湯がよく、

妊娠したけど、流産の心配がある場合に初めて白朮散が適応となります。

 

紀元後200年ころに書かれた『金匱要略』という本の中の婦人妊娠病篇というところに記載されています。

 

妊娠中の腹痛には当帰芍薬散


当帰芍薬散

また、同じ篇に当帰芍薬散についても記載があります。

来院される患者さんの中で、病院でよく処方されている漢方薬です。

 

当帰芍薬散は「婦人懐妊腹中㽲痛スルハ当帰芍薬散之ヲ主ル」とあります。

 

妊娠中の腹痛には当帰芍薬散を用いるということです。

 

よく適応するタイプは、血が少なく身体に水が多いための症状を現わしている様な人です。

 

したがって当帰芍薬散が適応する場合では、

血が少なく身体に水が多いというようなタイプととらえ、

鍼灸治療の際にはその様なツボを選べば効くということになります。

 

鍼灸も漢方薬も、その時のその人の体調や体質的なことを考えて使わないと効きません。

 

この病気にはこのツボ!不妊治療にはここのツボ!なんて便利なツボがあれば簡単なのですが…

 

ずっと来られている患者さまで体調を理解していたとしても、

きちんと毎回症状を伺って脈を診て、お腹を診て、体表観察をする。

 

そして、その時のその方の体調や体質的なことを考えツボを選ばないと効果的ではありません

当院では、

病院での治療方針、治療状況、使用している薬など西洋医学的な状況を踏まえて、

以上の様な考えのもと鍼灸治療を提案しています。

 

妊娠中の腹痛には当帰芍薬散

血が少なく身体に水が多い方が適応

となります。

 

■■♪*♪【「刺さない鍼」の妊娠中も安心の鍼灸】♪*・◆◆

妊娠中の身体は、妊娠前とは違います。

妊娠中であることを考慮して慎重・丁寧に。

【Twitter】

 

【初診のご予約はこちらから】

東京都新宿区西新宿7-13-7 タカラビル2F

◆◆* *・+♪・♫♩・♪**・+  *・♫・+ *・+♪・♪*■■

ブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

関連記事

逆子鍼灸再び!戻るが臍帯下垂で帝王切開?そして陣痛促進の鍼灸。

逆子鍼灸再び!戻るが臍帯下垂で帝王切開?そして陣痛促進の鍼灸。の画像

逆子鍼灸再び!戻るが臍帯下垂で帝王切開?そして陣痛促進の鍼灸。

逆子鍼灸で治った逆子でしたが、なんとまた戻ってしまう。よくあることです。なおったものの今度は臍帯下垂で帝王切開の可能性が。無事戻ったと思ったら予定日に産まれる兆候がなく陣痛促進の鍼灸へ。

妊婦さんが腰痛で湿布を使ってよいか?

妊婦さんが腰痛で湿布を使ってよいか?の画像

妊婦さんが腰痛で湿布を使ってよいか?

厚生労働省から出された情報です。ケトプロフェンという成分が含まれる湿布薬は、胎児に重篤な副作用が現れることがあるので、妊娠後期の妊婦さんは今後使ってはならない!というものです。

妊娠初期のつわり症状 気持ち悪さで吐かなくなった鍼灸治療例

妊娠初期のつわり症状 気持ち悪さで吐かなくなった鍼灸治療例の画像

妊娠初期のつわり症状 気持ち悪さで吐かなくなった鍼灸治療例

妊娠初期のつわりでとにかく気持ち悪く、口に食べ物を入れている時ときだけが幸せという症状で初診の患者様が来られました。鍼も初めてだったとのことですが、あまりのつらさに、できることはしてみたいとのこと。どのような治療をしたのか。自宅でできるつわりのお灸の動画もあります。ご覧ください。