自宅妊活(セルフケア)体質

自宅妊活(セルフケア)は自分の体質に合うかが重要!不妊治療の専門家を活用しましょう

毎年8月に所属している鍼灸の研修会の学術合宿があります。

土曜日にその合宿のための講師合宿、

日曜日に通常の研修会がありました。

 

 

 

土曜の夕方から雨が降ってきてかなり寒かったです。

そして宿泊はホテルだったので服や空調がうまく調整できず更に冷えてしまいました。

 

 

翌日の日曜日の朝は、

冷えた身体を温めようと熱めのシャワーで長めに頭から浴びていたら・・・

シャワーで暑邪の影響 

 

 

逆にのぼせて頭が痛くなってきた。

 

首と頭を触るとアッツイ!

 

暑邪の影響

そもそも夏というのは気温が多少寒いとしても、本来的には暑さや熱の影響を受けやすく、そのため熱症状が出やすい時期です。

体が熱い、ほてる、発熱、顔が赤い、頭痛、のぼせ、汗を多くかく、喉が渇く、脱力、夏バテ、熱射病、不眠、イライラ、心拍数は多くなる、夢を多く見る、息切れ、食欲不振、熱中症etc…

熱の影響を受けた脈:洪脈

以上のような所見が現れます。

東洋医学の知識として頭に入っているものを応用してツボを選び自己治療をし、

一日講義と実技をこなすことができました。

 

selfcare-taishitu
「邪正」講義

 

知識をどう活かすかが治療へとつながります。

 

知識をどう活かすかは妊活でも同じことがいえます。

 

体質の違いにより、セルフケアは合う合わないがある

冷えが強い人、熱が多い人、乾燥している人、水でポチャポチャな人、

人の身体(体質)というものは様々です。

 

気候でも暑いと元気になる人もいれば、グダーッとやられてしまう人もいる。

寒いと芯から冷えて非常に不調になる人もいれば、涼しくて気持ちいという人もいます。

天気が悪いと頭痛が出る人もいれば、全く出ない人もいる。

 

人それぞれの状態は実に様々。

そうなると治療で使うツボはもちろん、

自宅妊活(セルフケア)で行って効果が出ること、体調が悪くなることそれぞれです。

 

 

  • 水を〇〇リットル飲んだ方がいい。
  • ファスティング。
  • ホットヨガ。

などなど。

とても良いものでも、体質によっては合わないことも。

 

 

例えば、

「採卵までに岩盤浴に通おうと思いますがどうですか?」

と聞かれることがあります。

(採卵前は身体を温め冷えを改善して血流を良くすることは、ホルモンを卵巣へ届けるためにも有用。)

 

 

体質により合うか合わないかは、

水が体に多く冷えている人は問題ないことが多いです。

 

 

反対に水が少ない人や、乾燥して熱を持っている人、血が少ない人は合わない可能性があります。

 

 

実際にはもっと詳細な診察をして判断しますが、

良いのか良くないのか、それぞれの体質に合わせ適切な判断をしていく必要があります。

 

 

そのために身体を診る専門家の存在があります。

体質に合うかどうかを具体的に聞いてみましょう。

新たな発見や、あなたの体質に合わせたベストなアドバイスをくれるはずです。

 

 

気になることはぜひ聞いてみてください。

 

まとめ

  1. セルフケアは体質によって合う合わないがある。
  2. 専門家に自分に合うセルフケアかどうか聞いてみましょう。

 

 

■■■■♩ *・♪【妊娠脈づくりの専門家】 *・+♪◆◆◆◆

【脈診流そあら鍼灸院HP】
「妊娠しやすい身体とは、妊娠している時の脈に近づくこと。

西洋医学的な状況を把握したうえで、病院での治療状況に合った鍼のペースをご提案をし、身体づくりを行います。

日常生活の中で行うことができるセルフケアを含め、一緒に身体づくりを行いましょう!」

 

【妊娠脈づくりの専門家による、そあらブログ】
不妊鍼灸治療はじめ、そあら鍼灸院のことを発信しています。

 

【ご出産報告集ブログ】
心を込めて書いてくださいました。

当院の宝物です。

◆◆◆◆+♬* *・+♪・+♪*♪*・+ ・*+♪・♪*・+ ♫■■■■

LINEで送る
Pocket