ふりかけで受精しない卵子がICSIで受精した場合の妊娠のしやすさと、身体づくり

「体外受精は治療であり、検査である」ということがよく言われます。

 

本来お腹の中で行われている受精・分割を体の外で行う事によって、今まで分からない事が見えてくる。

そのような意味合いで体外受精は検査としての意味合いもあると言われます。

 

 

ステップアップを決意された患者様から「今まで分からなかった事が色々見えてしまうから、体外受精が恐い」とお話しされた事があります。

 

それだけ体外受精によって今まで原因が分からないと言われていたことが、

はっきりと分かることが出てくるといえます。

 

 

 

体外受精により判明する不妊の原因の中に「受精障害」が挙げられます。

 

 

体外受精は、卵子と精子をお腹の外で受精させます。

したがって人の目で授精しているかを直接目でみて確認することができます。

 

そのため、タイミング法、人工授精では決して分からない部分です。

 

 

 

受精障害にははっきりした定義がないようです。

狭義では『受賞障害とは受精率が0%』つまり体外受精で全く受精しない事を表します。

一方、広義に『受精率が25%以下を受精障害』と定義する論文も見られます。

 

 

一言で受精と言っても受精には多くのプロセスを経ています。

 

①  子宮頸管より入った精子は約15分で卵管に到達します。しかしこの段階では精子に受精能力はありません。子宮・卵管を通過する過程で受精する能力を獲得します。

これを受精能獲得といいますが、獲得に5~6時間かかります。

 

②  受精能を獲得した精子は透明帯という卵子の外側を囲っている膜に接着し、中を通過します。

卵子の中に入った精子は細胞質に取り込まれます。

 

③  細胞質に取り込まれ、卵子は活性化されこれ以上精子が入れないようになります。

 

 

これらの過程で1つでも何か問題があると受精できません。

 

では受精障害にはどのような原因があるのでしょうか?

受精障害の原因には大まかに

①  精子由来

②  卵子由来

③  抗精子抗体

の3つに分けられます。

 

①精子由来

●乏精子症・無精子症

●精子無力症

●奇形精子症

これらは精子に受精する力がなく、卵子の透明帯を通過する事ができません。

 

精液検査の結果で考えると

 

精子濃度 500万/mL以下

運動率  運動精子数100万/mL以下

 

が当てはまります。

 

 

②卵子由来

●透明帯が固く精子が卵子の中に入れない

●卵子が活性化しない

●卵子が成熟しておらず受精能力がない

 

これらは顕微授精(ICSI)という人工的に精子を卵子の中に注入する方法により解決します。

顕微授精(ICSI)については後程詳しくお話しします。

 

 

③抗精子抗体

抗精子抗体とは精子を異物と認識してしまう事です。

抗精子抗体が精子に結合していると透明帯に結合できず、受精できません。

 

 

※ICSIについて

ICSI=顕微授精は人工的に精子1匹を卵子の細胞質の中に注入して授精させます。

その為、受精のプロセスにある、

●精子が透明帯に接着・通過できない

●精子が卵子の細胞質に取り込まれない

 

以上の原因に対応できます。

 

また1つの卵子に1つの精子を受精させる為に多精子受精のリスクが低くなります。

健康な精子が1匹いれば受精が可能になります。

その為、ICSIは特に重度な男性不妊による受精障害に特に有効な治療法となります。

 

しかし、ICSIは高い技術が要求される治療法です。卵子の状態によってはICSIの操作により卵子をダメにしてしまう可能性は否めません。その点を考慮して体外受精・ICSIを選択するかを判断しなくてはなりません。

技術力の高い病院であるかどうかは重要なポイントです。

 

 

 

====================================

しかし当院でも体外受精を行い、初めて受精障害の疑いがある事が分かった患者様もおられます。

特に精液検査に問題がなく、卵子の状態もいいという事で全て体外受精を行いました。

その結果受精率は15%に満たないものでした。

その後もう1度採卵し、体外受精とICSIを半々で行いました。体外受精は受精率が20%程度、ICSIでの受精率は80%でした。

 

他にも強めの誘発法だった為、数多くの卵子を採卵できました。

体外受精とICSIを半々にしたところ、体外受精は受精率0%、ICSIは受精率が100%。

この方たちはその受精卵を移植して妊娠されています。

 

もちろん、受精障害には卵子・精子双方に原因がありますが、ここまで体外受精とICSIで受精率に差があると精液検査や卵の状態では判断できない受精障害の理由あるのではと思います。

これは今後も研究の余地が残されているでしょう。

 

 

身体づくりを続けていると、体外受精の時にこのように受精率が悪いという経験はあまりありませが、

これだけ体外受精とICSIで差がある場合どうだったかを考えてみます。

すると、ICSIでしっかり受精した場合、年齢より胚盤胞への到達率も高く妊娠している例が多い印象でした。ICSIで分割卵移植の方もおられますが、やはり通常より妊娠率が良いです(なかなか全てのカルテを振り返って検証とはいかないのですが)。

最初はICSIではなく体外受精(ふりかけ)で、2度目もふりかけを試すことが多く、それでこのように受精しないとなるとその時点で数周期かかってしまっています。この時点で私達もかなり頭を悩ませます。しかし受精率が良くなるツボなど存在しませんから、引き続き身体づくりを行うことになります。そして3回目は病院でもICSIということになり、受精率は上記の通りでした。

もちろん受精障害のはっきりした原因は分かりませんが、何らかの理由で授精しなかったけれど、受精すれば妊娠率が良くその後も順調だったことを考えれば、卵子の状態(身体づくり)はとても重要だと考えます。

奇しくも受精しなかった数周期の間、私達はずっと身体づくりを着々と行えたため、根本にアプローチでき良い卵子が排卵されて、その後の順調な結果につながったかもしれません。

 

 

今回は、「受精しない卵子が受精した場合の身体づくりの効果」のいくつかの症例の経験談の話でした。

共通して行っていることは「身体づくり①妊娠のしやすさと不妊鍼灸  ②ヤジロベエ理論 ③生命力強化と不妊治療」に基づく治療です。

====================================

 

 

 

上記の症例のように卵子・精子に問題がなく、抗精子抗体もないのに受精障害と診断される患者様は大勢います。生命の誕生である受精にはまだまだ未知な部分が多く存在します。今後も西洋医学・東洋医学双方からの視点で多くの報告がされる事を期待しています。

 

 そあら鍼灸院

LINEで送る
Pocket

最新情報をチェックしよう!

受精障害と鍼灸の最新記事8件